備忘録&雑記

転職活動中に面接で在職中の会社を休まなければならない場合の欠勤理由9選とおすすめの転職サイト5選

現在、転職市場はとても活性化しています。転職を考えている方も多いのではないでしょうか。転職活動を進めていって、面接の段階となると、転職候補先の就業時間中に面接することになると思います。転職活動での面接の時に、現在の会社への欠勤理由に悩む方も多いかと思います。今回は実際に欠勤理由として使えるものを紹介します。



広告



「転職活動」をするからという正直な理由はダメ

「転職活動をするから休みます」と正直に言う人はさすがにいないと思いますが、絶対に正直に欠勤理由を言ってはいけません。なぜなら、上司から妨害を受けることになるからです。上司は会社の利益を上げることはもちろんですが、部下を育成することも仕事です。せっかく育てた部下を転職で手放してしまっては、後任をまたイチから育てる必要があり、非常に大変なのです。



もし、転職活動が上司に知られてしまったら、社内での風当たりが強くなりかねません。ので、「転職活動をするから休みます」と馬鹿正直に欠勤理由を言ってはいけません。

しかし、転職活動をすることや嘘をついて休むことに罪悪感を覚える必要はありません。人は自由に職業を選んでいいのです。「噓も方便」ということわざもありますし、自分を守るために欠勤理由をごまかす必要もあります。

普通であれば事前に「私用」と連絡しておけばOK

まず初めに、真っ当な会社であれば、有給休暇の取得理由はほとんど聞かれません。欠勤理由を聞かれても「私用」で通ることがほとんどです。そもそも、「理由を聞かないと有給休暇の取得できない」というのは違法であり、理由を必要以上に細かく聞くことはプライバシーの侵害となります。



ですから転職活動の際に欠勤理由を考えなければ、とあまり神経質に考える必要はありません。しかし、家族経営であったりや非常識な上司がいる会社、いわゆるブラック企業なら話は別です。そのために、使える欠勤理由を紹介します。

「私用」で休みが取れなかった場合の欠勤理由

体調不良を欠勤理由にする

自分の体調不良

「私用」「家庭の事情」「冠婚葬祭」などを理由とた場合に、具体的な理由を言わなければならない必要があるのであれば、体調不良でという理由で休みます。一番無難な欠勤理由です。体調不良でしたら「頭痛がして」や「熱があって」などと簡単に済ませられます。



休みが連続的な場合や断続的な場合にも使える便利な理由になります。「まだ熱が下がらなくて」や「この間の体調不良がぶり返して」などの理由で数日の休みを取ることが可能です。

自分の通院

休むことに厳しい会社でしたら、転職活動の面接を午前中に設定してもらって、体調不良で病院へ行くということで午前中だけ休むという方法があります。連続して使用するのは難しいですが、断続的には何回も利用できます。「この間の体調不良がよくならなくて」などと言えば大丈夫です。



通院でしたら、「病院が混んでいて午前中で診療が終わらない」などの理由で1日休むこともできますが、この場合、会社のお昼休み直前に再度電話をする必要があります。

定期的に通院している方でしたら、「検査が必要でこの日にしか検査の予約が取れない」や「この日にどうしても通院しなければならない」などといった理由が可能です。

家族の体調不良

家族がいる方でしたら、配偶者と子どもや高齢の家族の体調不良で世話をしなければいけない、という理由が可能です。この理由も休みが連続的な場合や断続的な場合に使える理由となります。ただし、家族の方と話をすり合わせておく必要があります。子どもの世話をしなければならない、は子どもが小さいうちである小学生までしか使えません。

緊急対応が必要なことを欠勤理由にする

生活に必須のものが壊れて緊急で修理が必要

「水道が壊れたのですぐに修理が必要」など、水道、電気、ガスなど、生活するうえで必要なものが壊れて、すぐに対処が必要で、かつ、立ち合いが必要なものを欠勤理由にします。独身の場合は使えますが、何回も使える理由ではありません。

工事の立ち合い

「マンションの水道工事で立ち会う必要がある」などを欠勤理由にします。業者は、午前、午後といったアバウトな時間指定のことが多いですから、半日、場合によっては1日家にいる必要がありますので欠勤理由として使えます。

役所へ行く

役所の用事は、会社には午前中だけで用事が済むと思われてしまいますので、転職活動の面接を午前中に設定してもらって、午前中だけ休みます。「先日の件でまた役所へ行かなければならない」などと言ってもう1回役所を理由に休むこともできます。

家族が急に倒れた

「親が倒れて病院に付き添わなければならない」という欠勤理由も、急に、かつ数日は休める理由です。親が遠方に住んでいれば、さらにプラス数日休めます。ただし、親や家族と話をすり合わせておく必要があります。

冠婚葬祭を欠勤理由にする

転職活動をする上での欠勤理由としてはあまりおすすめしませんが紹介します。1回程度しか使えない上に、他者を巻き込むため、ばれやすく、その際の被害は甚大です。上述の欠勤理由で厳しくなってきた場合の緊急用として使用してください。

法事

「身内に不幸があって」と言えばどんな会社でも確実に休めます。近しい親族ですと、実際の場合は数日休む必要が出てくるため、休みたい日数に応じて、誰が亡くなったかを決めれば良いでしょう。ただし、親などあまりにも近しい親族ですと、上司が参列しようとしたり、会社から献花があったりするので要注意です。上司が参列しようとした場合は、家族葬です、といえば参列は阻止できますし、お花は辞退しています、と上司に伝えておけば献花も防げると思います。

地方出身であり都心で働いている場合には、近しい親族でなくても移動に時間がかかるため数日休むことが可能です。

結婚式

事前に言っておく必要があります。結婚式は大抵土曜日か日曜日に行われますが、遠方での結婚式でしたら前日または翌日に休む必要がありますので、金曜日、もしくは月曜日に休むことができます。ただし、この場合はその地方のお土産が必須になります。20代や30代ですと友人が結婚するということで意外と何回も使えます。

離れ業として、家族が海外で結婚式をするので、それに参列するために数日休むという方法もあります。海外のお土産品は通信販売で買えることも多いので、お土産には困りません。



広告



転職活動で会社を欠勤する理由をあれこれ考えるよりも大切なこと

転職活動をする際の欠勤理由について紹介してきましたが、実際に転職活動をしていると面接の時の欠勤理由をどうしようか、と考えてしますが、大抵の場合は有給休暇の取得は「私用」で済みます。また、転職活動の際はちょくちょく会社を休むよりも、しっかりと日時調整をして転職活動をするのが基本です。



会社を休む良い理由を見つけたとしても頻繁に休むことがあれば怪しまれます。たとえ「体調不良」で休んだとしても、事あるごとに休めば不自然だと感じる人はいるので、まずは日程調整に力を入れてください。転職エージェントを利用するとうまく日程調整してくれます。

おすすめの転職サイトランキング

複数の転職サイトに登録するのがおすすめです。

第1位 リクルートエージェント

第2位  doda

第3位  マイナビエージェント

第4位  ビズリーチ

第5位  リクナビNEXT

おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive