備忘録&雑記

美白に効く3つの美容方法

自慢でありませんが、筆者は色白美肌、シミはわずかです。そんな筆者がおすすめする、2つの美白方法と、最新の美白方法を1つ紹介します。



広告



ハイドロキノン

筆者は両目の下に肝斑とそばかす(以下、シミと表記します)がアラサーあたりから出始めたのですが、半年ほど前に近所の皮膚科に相談したら、ビタミンCの美容液と「ハイドロキノン」のクリームを勧められて、使い始めました。使い方は、ビタミンCの美容液は顔全体に、ハイドロキノンは気になる部分にのみ薄くのばします。使い始めて3か月くらいで、片側の目の下のシミがほぼなくなりました。今これを書いている時点で、もう片方の目の下のシミもほとんど目立たなくなりました。

ビタミンCの美容液もハイドロキノンも保険適応外ですが、診察は保険適応です。 筆者が使用しているハイドロキノンの濃度は5%らしいです。保管方法は ビタミンCの美容液もハイドロキノンも 冷蔵庫で保管してください、とのことです。

ものすごいおすすめですので、敏感肌でないかたは、美容も診てくれる皮膚科でぜひ相談してみてください。

近くに美容を診てくれる皮膚科がない、という方や、顔全体に使いたい、という方、冷蔵庫で保管するのが面倒くさいという方は、筆者はまだ使用したことがないのですが、「 サンソリット ホワイトHQクリーム 」がおすすめです。ハイドロキノンの濃度は4%で、顔全体に使用でき、常温保存可能です。ハイドロキノン以外に保湿成分などの美容成分も含まれています。筆者も今使っているハイドロキノンのクリームが無くなったら、これを使用したいと思います。使用しましたら、口コミを投稿しますね。

サンソリット ホワイトHQクリーム


ビタミンC

これは顔に塗る美容液と服用する薬・サプリメントの両方が効きました。どちらも何年も利用しているので、どれくらい効いているのか比較できないのですが、少なくとも、ほくろの種類にもよると思うのですが、小さいころにできたほくろが薄くなったりほとんど見えなくなったりしたので、ビタミンCの美容液は美白やほくろにも効きます。ビタミンCのサプリメントは風邪予防など健康面でも良いので積極的に摂取したいですね。私はビタミンCは皮膚科で保険適用で処方してもらっていて朝2g、夜2gの1日合計4gを飲んでいます。



広告



筋トレ

2018年9月に学会で発表されたばかりの情報です。体幹と下半身の筋肉量が多いと、 筋肉で作られる「マイオネクチン」という物質が血液成分として皮膚に運ばれ、シミ のもとであるメラニンの生成を抑えるというのです。また、筋肉量が多いと、 シワ、毛穴の目立ち、色ムラなどが少なくなるという様々な美肌作用があるとのことです。これからの時代は、「美容には筋トレ」です!

美肌体質の秘密-筋肉が“鍵”を握ることを発見



広告





広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。