備忘録&雑記

Windows10でiPhoneのTwitterアプリを作ってみました。【C♯、CoreTweet】

書きかけの記事の供養です。

まずは、ツイートできるところまでです。随時更新



広告



準備

以下を参考に、設定をします。

Xamarin Live Playerを使ってみたので導入手順をまとめます!

サンプルコードをダウンロードして、動作確認をします。……私の環境でもLive Playerが出てきません。Xamarinの未更新分もありません。トラブルシューティングで確認しました。

Twitterアプリ登録

以下を参考に進めます。

Twitterクライアント開発の初歩の初歩

以下からアプリを登録します。

Twitter Apps

ログインをして、”Create New App”をクリックします。

Twitterアプリでは、利用者のユーザーに対してブラウザで認証を行わせてPINコードを取得してもらい、トークンを生成しますので不要です。

OAuth2.0(application-only authentication)を使用するので不要です。



広告



C#Twitterアプリ開発

”CoreTweet”を使うことにしました。C#Twitterアプリを作る 0

以下の記事および関連記事を参考に進めます。C#CoreTweetを使って簡単にTwitterへツイートするbotを作る

”CoreTweet”をGitHubからzipファイルをダウンロードしました。https://github.com/CoreTweet/CoreTweet

1.作成

Visual Studioでプロジェクトを新規作成します。コンソールアプリケーション(.Net Framework)を選びます。

”CoreTweet”を利用するため、ソリューションエクスプローラーのプロジェクトの参照設定を右クリック→→NuGet パッケージの管理を選択します。NuGetパッケージの管理ダイアログが表示されるので、右上を「参照」を選択し検索欄に”CoreTweet”と入力して検索します。検索結果は一通りインストールしました。

2.認証

とりあえず、直書きです。

// OAuth認証
var tokens = CoreTweet.Tokens.Create(“API key”
                , “API secret”
                , “Access token”
                , “Access token secret”);

3.ツイート

とりあえず、直書きです。

// ツイート
var text = “テスト投稿”;
tokens.Statuses.UpdateAsync(new { status = text });
 
 

参考

.NET向けのTwitterライブラリ「CoreTweet」の使い方まとめ

CoreTweet wiki

C#Twitterアプリを作る 1 OAuth

C#Twitterアプリを作る 2 Timeline / Status

C#Twitterアプリを作る 3 Streaming

C#Twitterアプリを作る 4 その他のAPIの使い方



広告





広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。