備忘録&雑記

カラーコーディネーター3級2級、色彩検定3級2級、パーソナルカラリスト検定3級2級を受検していました。

2018年6月17日にカラーコーディネーター3級2級( http://www.kentei.org/color/ )、2018年6月24日に色彩検定3級2級( https://www.aft.or.jp/ )、2018年7月1日にパーソナルカラリスト検定3級2級( https://www.personal-colorist.org/ )を受検してきました。



広告



結果……

カラーコーディネーター検定3級合格、2級69点で1点足りず不合格。色彩検定3級2級合格、パーソナルカラリスト検定3級2級合格でした。

カラーコーディネーター検定は合否通知書書に模範解答が記載されていました。ネットで調べたのですが、解答速報は見つかりませんでした。

色彩検定はwebページに模範解答が記載(掲載日から30日間)、合格者発表もwebページに記載(掲載日から30日間)、合格証書は試験日から約2か月後に到着です。予備校の解答速報がネットにありました。

パーソナルカラリスト検定は問題文は試験会場で回収されました。問題は、公式テキストからまんべんなく出題されます。特に、カラーアンダートーンシステムCUS(R)については3級は10問くらい、2級は20問くらい出題されました。私は3級ではほとんど覚えてなくて、試験でがっつり出題されたので、あわてて、休憩時間に2級のCUS(R)を覚えました。9色調名の名称と配置(これは色彩検定でも似たようなものがあります)、色相環(これは色彩検定でも似たようなものがあります)、どの色と色調がイエローアンダートーンかブルーアンダートーンかすべて暗記する必要があります。



広告





広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。