備忘録&雑記

「人間は9タイプ 仕事と対人関係がはかどる人間説明書」を読みました。

車屋さんで車のメンテナンス中に、店舗の中に置いてあったこの本を読んで、気に入ったので、買ってじっくり読みました。



広告



感想

ビリギャル」の作者の本です。

この9タイプの分類は、エニアグラムという理論をベースに、他の諸学説(特性論や交流分析の良いところ)を作者がベストミックス(最適配合)した手法です。

9タイプは以下の通りです。

  • 完璧主義者タイプ
  • 献身家タイプ
  • 達成者タイプ
  • 芸術家タイプ
  • 研究者タイプ
  • 堅実家タイプ
  • 楽天家タイプ
  • 統率者タイプ
  • 調停者タイプ

このタイプの人とはどういう風に接すると良いか、また、自分のタイプの説明書について記載されています。

さらに、「働く」ということにまつわる苦痛の解消法、タイプ別の向いている職業、新卒や転職時の履歴書の具体的な書き方や、具体的な面接対策なども書いてあります。

人間関係を良くするためにどうしたら良いかがわかる本でした。

ちなみに私は「研究者タイプ」でした。

診断は以下のサイトから専用アプリで行うことができます。

『人間は9タイプ』特設サイト

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間は9タイプ 仕事と対人関係がはかどる人間説明書 [ 坪田信貴 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)


おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive