備忘録&雑記

「鋼の錬金術師」実写映画版を観てきました。【ネタバレ注意】

公開初日の12/1に観てきました。

鋼の錬金術師

やっと感想書きました。

原作ファンは0巻の為だけに行くのであれば行く価値はあり。内容は期待しないでください。原作(とアニメ)未読の方は、予習せずに見に行ったらいいと思います。



広告



感想

エドとウィンリィの再現性が低いです。エドは金目じゃないし、ウィンリィは金髪じゃない。エドの金目はストーリー的にすごく重要なポイントだと思うのですが。

ロイ、ヒューズ、ホークアイ、ホムンクルス達はなかなか再現されていました。

ストーリーは、前半まではそれなりに原作のストーリーに沿った内容だったのですが、エンヴィがロイに化けてヒューズを殺したり、国家錬金術師の資格を取るのに卑怯な手段使うしかないような才能の無いタッカーが黒幕的な感じだったり、マルコが殺されていたり、アルが真理の扉の時の記憶を謎の儀式で取り戻しちゃったり、本物の賢者の石でエドが真理の扉の前に行っちゃったり、この辺が改悪過ぎる。

だいたい、ホークアイも監視対象なのに、人造人間もどきが大量に発生して、
軍に応援を求めても、普通、ホークアイが捕まるだけであって、話を聞いてもらえないと思うのですが???

原作ストーリーを知っていたらツッコミどころ満載、原作ストーリーを知っていなくても突っ込める内容多々ありな内容です。

水石亜飛夢くんのアルはとても良かったです。

スタッフロールが終わった後も席を立ってはだめです!

今回のこの脚本で、続編をうまく作れるんでしょうか?なんか、0巻読むと、監督は続編作る気満々みたいですが。原作と矛盾レベルで話を改変しちゃっているのに、どうやって続編を作るんでしょう?

おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive