備忘録&雑記

「投資なんか、おやめなさい」を読みました。

新聞の広告で目に留まり、半日購入を考えた結果、AmazonのKindle版を購入しました。



広告



感想

もともと、お金や投資関係に関心があり、お金や投資関係の本を結構読んでいました。反対側のスタンスをとる人の本も読んでみたいと思い、購入に踏み切りました。

内容としては、ざっくりと

  • 外貨建て生命保険のデメリット
  • 生命保険そのものについてのデメリット
  • マイナス金利の意味するところ
  • 毎月配分型投信のデメリット
  • 高金利商品のデメリット
  • コツコツ金融商品を買うことのデメリット
  • ドルコスト平均法のデメリット
  • 不動産投資のデメリット
  • 個人年金および確定拠出年金のデメリット
  • それでも投資したい場合

です。

投資についての考え方が180度変わりました。特に、デフレの状況では、借金を減らし、貯蓄を増やすのが最も確かな資産運用というのに、大変感銘をうけました。

投資に興味が無くても、保険料など、家計の見直しという点でも読んでみる価値があると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投資なんか、おやめなさい (新潮新書) [ 荻原 博子 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2019/2/12時点)


おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive