備忘録&雑記

精神科に通院してきました。

ソーシャルワーカーとの面談と、就労困難の診断書とお薬をちょっとだけ変えてもらいました。

4回目のソーシャルワーカーとの面談は、障害者手帳がもらえたという報告と、受診状況等証明書はこれでOKという報告と、病歴・就労状況等申立書の清書を見てもらいました。内容はこれでOKを貰いました。いよいよ、主治医に診断書を書いてもらう段階になりました。ソーシャルワーカーと主治医と私とで相談した結果、初診から1年半後から3か月以内でいつの時点での診断書を書くか、という話になりました。診断書自体は書いていただけることになったのですが、すでに何名かの診断書を書かなければならないので下書きが終わるの2018年2月ごろになりそう、ということでした。

私の病状からすると、障害年金2級はまず無理で、3級でギリギリ通るか通らないかのレベルで、障害年金の診断書代が25,000円がかかるけど申請しますか?
と言われたので、3級でももらえる可能性があるなら申請したいです、ということを伝えて、では、まず下書きをしてみて、それを見てさらに内容を相談しましょう、という流れになりました。

仕事以外は一人で通院や手続きとかできてしまうからなんでしょうね。でも、仕事はちょっとでも残業するとすぐに倒れて寝込んでしまうので、就労制限ありだとは思うのですが……。

主治医に就労困難者の診断書が必要という話をしたら、どういう風に書いたらいいですか?と逆に聞かれてしまったので、上司から聞いたとおりに、12/28までに復職不可能の旨の診断書が欲しいです、ということを伝えました。作成に約2週間かかるとのことでした。どうやら主治医は就労困難者の診断書を書いたことがないみたいです……。

お薬は、

  • ニトラゼパム錠5mg×2→ニトラゼパム錠10mg×1
  • リフレックス錠15mg×2→リフレックス錠30mg×1

に変更してもらいました。ミリ数は一緒です。ミリ数違っていていても、1錠当たりの薬価は同じなので、少しでも安い方が良いので変えてもらいました。

おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive