備忘録&雑記

GitHub Pagesの機能を使ってホームページを作ってみました。

以下の記事を参考に作成しました。

たった5ステップ!Githubの機能「GitHub Pages」でホームページを制作しよう

GitHubでWebページを公開する方法

作成したページです。
https://naon56.github.io/nikkiup2u3

中国版の奇迹暖暖のコーデスクリプトを作りたいなぁ、と思って、こういうディレクトリ名になっています(笑)。



広告



手順

  1. primaryのe-mailアドレスをpublicに変更します。”Setting”>”Emails”
    で、”Primary email address”で公開しても良いメールアドレスに変更して”Keep my email address private”のチェックを外します。
  2. リポジトリを作成します。GitHubのメインページから”Repositories”>”New”を選択します。”Repository name”を入力して、”Public”を選択し、”Initialize this repository with a README”にチェックを入れます。
  3. GitHubのデスクトップ版ソフトを使ってリポジトリをクローンします。
  4. indexファイルを作ってクローンしたフォルダに入れます。
  5. 変更名と詳細を記入して、”Commit to master”でコミットして同期します。
  6. “Repository”>”Push”でファイルを送信します。
  7. GitHubのリポジトリの管理画面からgh-pagesブランチを作成します。
  8. ブランチを切ったら同じところをクリックして”gh-pages”を選んでください。

おまけ

メニューは以下の記事を参考にjQueryで実装しています。

jQuery とっても簡単、ページ内リンクでスムーズスクロール



広告





広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。