備忘録&雑記

生理(月経)について振り返ってみた。

小学校高学年の時に初潮をむかえました。

中学1年の頃から生理痛が酷くて、

バファリンA

を飲んでも、全然痛みに効かず、

FELISSIMO

で当時やっていた個人輸入(現在はやっていません)で買った生理痛に良く効くらしいインドのハーブサプリメントを飲んでも効き始めるのが数時間後で、生理の時は学校を休んでいました。母は生理痛が殆ど無く(不快感はあったようですが)、あまり理解されなかったです。高校生になって、いよいよ婦人科に行くと、病院では

枝茯苓丸 と 当帰芍薬散

を処方されましたが(同時ではありません)、イマイチ効き目がなく、やはり整理の時は学校を休んでいました。大学生になって、よううやく、

イブプロフェン

が含まれている鎮痛剤が良いということを知り、眠くならないイブプロフェン入りの鎮痛剤を服用して、通学できるようになりました(薬の名前は忘れました)。社会人3年目くらいになって、また婦人科に行って生理痛が酷いことを訴えると、

ヤーズ配合錠

を勧められ、服用し始めました。最初の1か月はひどいつわりのような症状で辛かったです。つわりを経験したことはないのですが、たぶんこんな感じだと思います。ホルモンを投与して疑似的に妊娠状態にさせる薬ですから。生理痛は劇的に良くなり、多少の不快感はありますが、ほぼ無痛になりました。転勤で、別の婦人科に行くと、「ヤーズは死亡例が出たからウチではしょほうしてないけれど、それでもいい?」と言われ、

ルナベル配合錠ULD

を処方してもらいました。ヤーズよりホルモンの含有量が少ないのかな?ヤーズより服用時間のタイミングがシビアです。また引っ越しで、別の婦人科に行くと「何でヤーズからルナベルに替えたの?」と聞かれ、「ヤーズは死亡例があるからルナベルに変更しますと言われました」と言ったら、どの薬でも、そういう例はあるからね、ということを言われました。現在、私はルナベル配合錠ULDを服用していますが、少し不快感や痛みのようなものがありますが、鎮痛剤を飲むほどではありません。また、以前はPMSがあったり、生理中はイライラしたりしていましたが、ピルを服用してからはそれもなくなりました。ピルを服用すると生理(厳密には消退出血と言います)の周期が確実に28日周期になるので、失敗しなくなったり、予定が立てやすくなりました。また、経血量が減り、生理期間が短くなるので、いろいろと楽です。

おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive