備忘録&雑記

小学校と中学校の時の話

もう何十年も前の話ですが(笑)。

小学生の時に(多分5年生)、家庭のお手伝いについての記録を提出する課題があったのですが、当時の私の家は、お風呂にお湯をためて入るということが滅多になく、シャワーで済ますことが大半だったのですが、お手伝いの項目に、「お風呂の掃除をする」という項目を書いて、週1回で、掃除をしなかった、という結果を書いて提出したんですよね。そうしたら、それをクラスメイトに見られて、その日からいじめの対象になったんですよね。

当時はいじめられているという自覚はなかったのですが。嫌がらせされることが多くて、学校を休みがちになり、先生と親同士で話し合いがあったそうです。私は立ち会っていないので、詳しい話は分かりませんが。

そんな状態でしたが、小学生の時は進研ゼミを小4からやっていて、小学生の間は真面目に取り組んでいたので、成績ははっきり言って相当良かったです。

そんな私も中学生になれました。

中学1年生の時は、美術部に入ったんですが、すぐに行かなくなりました。
理由は特にないんですけど……。なんとなく、足が遠のいてしまいました。

ある日、小学生の時からの友達から、靴箱に手紙が入れられていました。
家に帰ってから読むと、「あなたは人に嫌われていますね!自分勝手です!」
というような内容でした。私は自分の意見を言っているだけのつもりだったのですが。今風に言うと、空気読めってことだったのでしょうか。私はいまだに空気読むのは苦手ですが、大人になったので、さすがに大人の対応はできるようになりました。

中2の時の社会の授業だったと思うんですけど、自分のお小遣いの使用用途を分ける授業がありました。そこで、先生は「買ったものを書いて、分類してください」と言いました。

他の人は、食費とか教育費とか、家計簿かよ、という分類の仕方をしていたのですが、私は、本当に買ったもの(プレイステーションのメモリーカードとか)を分類して書きました。で、先生に当てられて、黒板に書いたんですよね。そうしたら、その瞬間から、クラスのみんなから、いじられる対象になりました。先生の言った通りにしただけなのにね。

いじられるのが嫌で、学校を休みがちになりました。

それでも、同じクラスの友達は、私が学校に行った時には仲良くしてくれました。

中学校の修学旅行は東北3県(青森、秋田、岩手)でした。

学校を休みがちで、しかも進研ゼミは継続していたのですが、進研ゼミも全然やっていませんでしたが、成績はそれなりに良く、高校は第1志望の高校に入れました。

第1志望の理由は、当時の学区内で1番偏差値が高かったこと、水泳の授業が無かったこと、漫画研究部があったことです。

おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive