備忘録&雑記

食道がん

父が脳出血で倒れて約2年後、父に食道がんが見つかりました。

手術は近所の入院施設のあるクリニックでしました。本来なら症例数の多い大病院でした方がいいのでしょうが……。家族の近くが良いという本人の希望で、近所のクリニックで手術をしました。

私は手術には立ち会えませんでした。(実家から遠方で独り暮らしをしていたので。)

手術は一応、成功したようでした。

退院後、食が細くなりました。だんだんと身体が細くなっていきました。それでも、お酒が大好きな人だったので、お酒だけはよく飲みました。

手術から2年ほどたった頃、微熱が出て体がだるくなり、とりあえず入院することになりました。

この入院は長期入院になりました。

食事がうまく摂れなくなり、栄養剤の点滴をするようになりました。

入院中に、食道がんが再発しました。自立呼吸ができなくなり、人工呼吸器をつけることになりました。移動は車椅子になりました。

このころ、母以外の全員が入院していました。兄は統合失調症が悪化していた上に膿胸で入院していました。母は兄の入院に付き添わなければなりませんでした。私が良性発作性頭位めまい症で検査入院しいていて、退院直後、兄の病状が悪化し、命の危機だったので、母から帰省するするように言われ、ふらふらの状態で、兄のお見舞いに行き、帰りに父のお見舞いに行きました。1泊2日の帰省でした。私はふらふらでした。このお見舞いが生前の父との最期の面会でした。

私の仕事がひと段落し、遅い夏休みを取ろうとした直前に、父の訃報が入りました。急いで帰省しました。家族は憔悴しきっていて、私は逆に気が張っていて涙も出ませんでした。疲れ果てた中、家族で葬儀の弔辞の下書きを作りました。(清書は葬儀会社がしてくれました。)葬儀は家族葬でした。

通夜と告別式の段階になって、私はわんわん泣きました。

火葬中は心も落ち着き、火葬場にあった漫画を読んで過ごしていました。

火葬後、骨を見て、「骨がもろくなっている所はがんが転移していたんだなぁ」と冷静な感想をもちました。

おしらせ

メールマガジンを準備中です



広告



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translation

Archive