エックスサーバーのサーバー間でワードプレスを引っ越しする方法を図解

WordPressエックスサーバー,ワードプレス,引っ越し

某アフィリエイターさんが、探そうと思えば同一サーバー内のドメインを探せるので実践記ブログとアフィリ用ブログのサーバーを分けたほうがいいと言っていたので(知りませんでした)、エックスサーバーを追加で契約し、ワードプレスで作成したサイトを引っ越しました。

エックスサーバーのサーバー間でワードプレスで作成したサイトを引っ越しする手順を紹介します。

エックスサーバーのサーバー間でワードプレスを引っ越す手順

移行元サーバー側の作業

FTPソフトを使って、移行元サーバー側でホームページデータをローカル環境にバックアップを取ります。また、該当ドメイン名で作成したメールアドレスなどの各種設定をメモに控え、POP3接続でメールを手元に受信するなどの事前準備をおこないます。

ワードプレスはMySQLというデータベースを使用しているので、以下の手順でデータベースをバックアップします。

エックスサーバーのサーバーパネル内の「MySQLバックアップ」をクリックします。

現在のMySQLをダウンロード」をクリックします。

それぞれのデータベースについて「ダウンロード実行」をクリックし、ローカル環境にバックアップを取ります。

画面の指示に従い、ダウンロードします。

引っ越すワードプレスサイトに「All-in-One WP Migration」というプラグインをインストールします。

WordPressのバージョンを移行先のサーバーと同じにする必要があるので、面倒なので最新のWordPressのバージョンにしておきます

引越し元サイトの管理画面 >「All-in-One WP Migration」 >「 エクスポート画面」をクリックします。Webサイトを構成するファイル一式をまるごとエクスポートします。「エクスポート先」と書かれた箇所をクリックして内容を展開し、「ファイル」を選択します。

「DOWNLOAD XXX.COM」といった感じのボタンが表示されるので、クリックしてファイルをエクスポートします。

移行元のサーバーのサーバーパネルにログインし、「ドメイン設定」メニューから、移行するドメイン設定を削除します。

移行先サーバーの作業

移行先のサーバーのサーバーパネルにログインし、「ドメイン設定」メニューから、移行するドメイン設定を追加します。

ドメイン設定追加」をクリックします。

引っ越すドメインを入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

内容を確認し、「追加する」をクリックします。

設定内容が表示されます。

サーバーパネルから、「WordPress簡単インストール」をクリックし、該当ドメインにWordPressをインストールします。

移行先ドメインで「選択する」をクリックします。

WordPressインストール」をクリックします。

内容を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

内容を確認して「インストール」をクリックします。

インストール内容が表示されます。

WordPressのインストールが終わったら管理画面に入り、プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールします。

WordPress管理画面の「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

検索窓に「All-in-One WP Migration」と入力して、All-in-One WP Migrationで「今すぐインストール」をクリックします。

インストールされたら「有効化」をクリックします。

WordPressのバージョンを移行元のサーバーと同じにします。

「All-in-One WP Migration」>「インポート画面」をクリックします。

エクスポートしたファイルをドラッグ&ドロップでアップロードするかファイル選択でアップロードしてインポートします。

サイズが大きくてインポートできない場合は、エックスサーバーのサーバーパネルからphp.iniを変更します。

サーバーパネルから「php.ini設定」をクリックします。

移行先のドメインで「選択する」をクリックします。

「memory_limit」「post_max_size」「upload_max_filesize」の項目を変更します。

変更したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

内容を確認して「変更する」をクリックします。

php.iniの変更が完了しました。

途中でアップロードが止まる場合は、「All-in-One WP Migration Import」のプラグインをインストールします。

上記サイトから、「Basic」の「Download」をクリックします。ダウンロード画面になるので、好きな場所にファイルをダウンロードします。

WordPressの管理画面から「プラグイン」の「新規追加」をクリックし、「プラグインのアップロード」をクリックします。

先ほどダウンロードしたファイルを選択します。

今すぐアップロード」をクリックします。

インストールしたプラグインを有効化します。

それでも、途中でアップロードが止まる場合は、移行先のサーバーにFTP接続をし、/wp-content/ai1wm-backups/にアクセスします。ai1wm-backupsに移行元サイトからダウンロードした.wpressファイルをFTPアップロードします。

「All in one wp migration」>「バックアップ」をクリックすると、All in one wp migrationのバックアップに先ほどFTPでアップロードした.wpressファイルが表示されているはずですので、右側のボタンから「復元」をクリックしてファイルの復旧を行います。これは有料拡張版のみの機能になります。2020年6月30日時点で永久ライセンス版のみ69米ドルです。

購入して拡張版ファイルをダウンロードしたら、WordPressの管理画面からプラグインの新規追加をクリックし、プラグインのアップロードをクリックします。先ほどダウンロードしたファイルを選択し、「今すぐアップロード」をクリックし、インストールしたプラグインを有効化します。

「開始>」ボタンをクリックすることでファイルの内容が反映されます。一旦ログアウトします。

改めてWordPressの管理画面にログインすることで、引越し先の内容が反映されていることが確認できます。

おすすめのFTPソフト

参考記事