朝ドラのあらすじのネタバレ!スカーレット12週

エンタメスカーレット, ドラマ, ネタバレ, 感想, 朝ドラ, 連続テレビ小説

スカーレットの本放送、終わってしまいましたね。過去の放送分を振り返ってみましょう。

スカーレット67回:コーヒー茶碗

正月に直子が帰ってきました。八郎と大野のおじさん、忠信がコーヒー茶碗の打ち合わせをしています。10×2=20個です。コーヒー茶碗は贈り物なので一銭ももらいません。

八郎は今回の陶芸展で入選しなかったら、喜美子と結婚できません。

コーヒー茶碗20個で約2週間の制作期間です。喜美子もコーヒー茶碗を作りたかったのでした。

スカーレット68回:喜美子もコーヒー茶碗

忠信に連絡して、喜美子もコーヒー茶碗を手伝ってもいいことになりました。が、喜美子はなかなかうまく作れません。陶芸も絵付けも、作っている人の心がこもっていると言われました。

直子が昇給してパーマをあてることになります。

マツがこっそり喜美子と八郎の様子を見に来ました。喜美子はコーヒー茶碗を10個作りました。

スカーレット69回:夫婦ノート

喜美子が作ったコーヒー茶碗のうち2個が気になる八郎です。本焼きしたら割れるかも、とのことです。コーヒー茶碗の値段は、喜美子が作った分だけ、材料費プラスアルファをいただくことにしました。本焼きの間、夫婦ノートを作り、2人の将来設計を書いていきます。

スカーレット70回:家の増築

喜美子たちのため、川原家を増築しようとしている常治です。八郎の陶芸展出品作品ができて、みんなに見せます。

スカーレット71回:結果発表

3月30日に、川原家の増築部分が完成しました。またこの日は陶芸展の結果発表の日です。丸熊陶業は絵付け火鉢を縮小し、外壁タイルに力を入れています。

八郎の作品は無事に新人賞に入選しました。このことを夫婦茶碗で表現しました。2人のお祝いのあと、常治と八郎が酒を酌み交わします。後日、八郎の親代わりの姉が挨拶に来ました。

スカーレット72回:陶芸家の道

喜美子にコーヒーカップ80個作ってほしいという人(橘さん)が現れますが、さすがにそんなに作れないということで断ります。喜美子と八郎は丸熊陶業から独立し、かわはら工房を作りました。また、喜美子と八郎の間に男の子が生まれました。百合子は短大を諦めて、働いています。喜美子はちや子から陶芸家を勧められます。