朝ドラのあらすじのネタバレ!スカーレット13週

エンタメスカーレット, ドラマ, ネタバレ, 感想, 朝ドラ, 連続テレビ小説

スカーレットの本放送、終わってしまいましたね。過去の放送分を振り返ってみましょう。

スカーレット73回:常治の病状

父常治は半月前に病院で診てもらっていました。そのときたまたまそばにいた照子いわく「もうあかん」とのことです。常治は母マツと加賀温泉に行きたいと言っています。まもなく、常治とマツは温泉へ行きます。

常治とマツが温泉に行っている間に、常治の主治医を見つけて、常治の病状を聞き出したところ、すい臓と肝臓がやられていて、もう長くない、とのことでした。

スカーレット74回:常治のための皿

常治とマツの2人が加賀温泉から帰ってきました。常治のことは家で診ることにしました。

八郎はまた陶芸展に出展することにしました。

常治の容態は秋になって深刻になっていきます。常治のために喜美子は器を作り、家族全員で絵付けをしました。

スカーレット75回:常治、息を引き取る

忠信と常治が戦地で約束した松茸ご飯を、家族全員で絵付けした器に山盛りに盛りました。常治は、皿を見て、みんなの心が伝わった、ええ皿や、と言います。また、八郎と喜美子はけんかするなよ、と言います。そして、みんなに部屋を去れといい、喜美子だけ呼び止めて、喜美子の頭をなでて、常治は息を引き取ります。

スカーレット76回:葬式

直子は葬式に間に合いませんでした。喪主は八郎がつとめました。

喜美子と八郎は積もり積もったことでけんかをします。仕事が忙しいのが原因でした。喜美子と八郎は互いに好きという気持ちを忘れないということでけんかを止めます。

直子が男の人、鮫島を連れて帰ってきました。直子も常治に会いたかったのでした。

スカーレット77回:ジョージ富士川

直子と鮫島は大阪で商売をすることにしました。日曜日は、ジョージ富士川のイベントが近くでありましたが、武志が熱を出し、喜美子は行きませんでした。

一方、信作と女の人と別れることに付き合う百合子でした。

八郎がジョージ富士川に声を掛けたら、川原家まで来てくれました。

スカーレット78回:ワークショップ

川原家の庭で急きょ、ジョージ富士川のワークショップが開かれました。八郎はジョージ富士川に出会ってから猛然と作品作りをし、ついに陶芸展で金賞を取りました。喜美子もジョージ富士川に出会って、作品作りをしたくなり、八郎に背中を押されます。

喜美子は父のことでやっと泣くことができました。喜美子は初の陶芸作品を作りました。