地震対策は何をする?

ライフマンション, 地震対策, 戸建て, 耐震, 防災

いつ来るのか予測ができない地震。2011年の大地震を受けて、対策をしている人も多くいらっしゃると思います。これから対策を始めたい方も実際何からすればいいのかと戸惑っている方のために今回は地震対策についてまとめていきます。

マンションの場合の地震対策

マンションや集合住宅は、戸建て住宅とは違い、共同して生活をしているため、建造物の構造的な被害だけではなく、震災後の生活の被害も考える必要があります。どのような災害が予想され、その場合何をしたらいいのか、事前にできることは何かを以下に紹介していきます。

高層階は揺れが大きいということを知って部屋選びをする

上層階の揺れは1階の2~3倍にもなるといわれています。揺れが大きくなるにつれて、家具の転倒や移動が激しくなり、このことが原因で死亡や負傷にもつながります。家具を固定することが必須です。突っ張り棒を家具の上に取り付けるものや、家具の下にマットや滑り止めを付けるタイプもあります。固定する家具の大きさや、場所に合わせてより強固に固定できるようなものを選びましょう。

地上への非難が困難になる可能性もある

電気が止まり、エレベーターが使えなくなることや、天井や壁の落下によって、階段での移動すらできなくなることがあります。地上への非難が困難な場合、最低でも3日、高層階では1週間分の食料や水を用意しておきましょう。非常食や水は日持ちがするので、いつかのために今から買っておいても損はないと思います。また、水が止まることもあるので、排泄処理の備えもしておきましょう。

避難経路を知っておく

避難通路や非常階段、消化器などの場所を知っておくことが大切です。その時になると突然の出来事や予期せぬ事態が起き、パニック状態になることも考えられます。あらかじめ知っておくと、その不安も軽減できるでしょう。また、避難先は家族で共有しておくと良いと思います。みんなが連絡を取りたがるので、なかなか電波が繋がらないことが予想されます。もしも非難が必要になったら、“ここに行く”ということを確認し合っておきましょう

一軒家の場合の地震対策

住宅を購入するときや、新築を立てる場合は、耐震性能が気になると思います。「新耐震基準」というものが存在します。この基準を元にするのが良いでしょう。また、耐震等級というものがあるので、どの基準に当てはまるのかは目安にしやすいと思います。

①住宅の工法

プレハブ工法や「2×4工法」は耐震性が高いといわれています。在来木造工法の場合は、2000年以降の建築かどうかを基準にしてください。

②経年劣化の状態

中古住宅を購入する際は、劣化状態の確認が必須です。耐震に関わる劣化のポイントは次のものになります。

壁やコンクリート部分に大きなヒビや亀裂がある

雨漏りの跡がある

玄関や窓のたてつけが悪い

床下に白アリ被害がある

③専門家にアドバイスを

新築を建てる際には、専門家に相談し、より安全で耐震対策がされている家になるようにしましょう。気になることはすぐに相談し、不安を解消した家にしましょう。

毎日過ごす家だからこそ、一番安全で安心な場所にしたいですよね。今から対策しても遅いことは無いので、危ないなと思ったところは改善し、もしもに備えておきましょう。