財布とマネークリップの違いは?金運は?

お金お財布,お金,マネークリップ,金運

マネークリップはご存知ですか?最近では日本でも使っている方が増えているそうです。マネークリップと財布の違いは何なのか、メリットデメリットと、金運の点からその違いを見ていきましょう。

財布のメリット、デメリット

やはり日本で主流なのは財布ですね。ここでは長財布、2つ折り財布両方に適用する財布としてのメリットやデメリットをご紹介します。

【メリット】

お札が綺麗に収納できる

長財布であればピン札もそのまま跡を付けることなくしまうことができます。2つ折りの財布であっても、曲がってしまうことはあってもしっかりと跡を付けずにしまうことが可能です。

種類が豊富

やはり、日本で主流なだけあって、お財布の種類は豊富ですね。値段も素材も大きさも、人それぞれ用途や好みに応じて選ぶことが可能です。

カードや小銭を多く収納できる

元々小銭を入れるポケットやカードを入れるスペースが設けられているため、支払の際にお財布1つで完結できます。大きさという面では幅をとりますが、荷物の軽減には繋がります。

【デメリット】

小銭もカードも入るメリットはありますが、やはり大きさは気になるところですね。ズボンやジャケットのポケットに収納しきれないことがあります。特に男性の方で、かばんを持たずにポケットに入れる方は、飛び出してしまったり、ポケットの型崩れを起こしたりしてしまいます。また、窃盗や落とし物の原因ともなってしまいます。

マネークリップのメリット、デメリット

マネークリップとは“お金を挟むためのクリップ”です。チップをお礼として渡すことが多い欧米で広く親しまれています。最近では、必要最低限のお金をスマートに持ち歩きたいという方が増えており、日本でもマネークリップを使用する方が増えています。

【メリット】

スマート

マネークリップ最大の魅力はスマートであることです。必要なものしか持ち歩くことができないため、シンプルで身軽になります。

シルエットを崩さない

ジャケットやズボンのポケットにお金をしまう方は財布を入れて膨らんでしまったり、生地が伸びてしまったりしたという方が多いと思われます。しかし、マネークリップはコンパクトかつ厚みが財布ほど無いため、シルエットを崩す心配はありません。

財布の中身の断捨離になる

マネークリップへ入れ替える際に財布の中身を整理しますよね。こうすることであまり使っていないポイントカードや期限切れのクーポン、レシートの断捨離に繋がります。

【デメリット】

スマートさが魅力のマネークリップですが、小銭やカードを収納するスペースはほとんどありません。そのため小銭入れやカードケースを別で持ち歩く方にとってはかえって荷物が増えてしまいます。商品によっては小銭入れ付きのマネークリップもあるので、購入の際はよく検討してみてください。

財布とマネークリップの金運は?

【財布】

長財布

お金の出し入れがスムーズな方が金運に良いそうで、長財布がおすすめです。お金の出し入れに戸惑っていると、お金が生み出す力が弱まってしまいます。

黒、黄色、白「〇」

黒は、今の運気を守る力があり、すでに一定の財力を手に入れた方におすすめです。白は、浄化や清算を意味する色となっているため、お金の面でマイナスな状態になっている状態が持つと良いでしょう。

【マネークリップ】

金色、黄色「〇」

金運は良いとしてよく知られていますね。しかし、お金が出ていくのも激しいと言われているので注意です。

緑「〇」

お金風水的に着実に堅実にお金が貯まるといわれています。また、「出ていったお金が戻ってくる」効果もあるそうです。

青、赤「×」

青はお金を水に流す、赤はお金が燃えてしまうと言われているため最も避けた方が良いと言われている色です。

財布もマネークリップにもそれぞれの良さがありましたね。その時に合わせて使い分けることをおススメします。ぜひ金運も参考にしていただき、新年にお財布やマネークリップを買い替えてみてはいかがでしょうか?