空き巣対策で自分でできることは?

ライフ対策, 泥棒, 空き巣, 防犯

住宅侵入窃盗のうち約7割が空き巣を狙ったものです。自分でできるところから対策を行って、留守宅の防犯を高めていきましょう。

狙われやすい空き巣とは?

一戸建てを狙った犯罪が多くを占めています。一戸建ては、窓の数が多いため、侵入経路が多く狙われやすいと言われています。しかし、マンションの場合、ライフスタイルや不在時間が悟られやすいという点があり、一戸建て、マンション両方の場合においてもそれぞれの対策が必要となります。

また、長期間家を留守にしていた場合だけでなく、最近は、「無締まり」のドアや窓からの侵入が増えています。ちょっとゴミ出しや、買い出しに行くからと気を抜いて戸締りをせずに外出した短時間の隙に侵入されていたなんてこともあります。

高価なものを置いていないからと言わずに、パソコンやテレビ、下着を狙った犯罪もあるため、対策していきましょう。

空き巣対策で自分でできること

家の周りやポストを綺麗にする

泥棒は下見の際に「マーキング(アルファベットや記号でこの家の状態や住民の様子をあらわすもの)」というものを使うと言われています。家の周りが常に汚いとそのマーキングに気づくことができません。また、ポストに郵便物が溜まっていると、“この家は常に不在”“泥棒に入っても気づかれない”と思われて狙われてしまうのです。家の周りやポストを綺麗にする習慣を作り、この家には、人が住んでいますよ、マーキングしてもすぐ気が付きますよということをアピールしていきましょう。

必ず施錠する

どんなに家を空ける時間が短時間でも施錠するよう心がけましょう。1つのドアに2つ鍵が付いている家は、面倒くさがらずに2ロックしましょう。もしロックが1つしかない場合、近所で泥棒や空き巣のうわさがあったら、もう一つ鍵を付けることを検討してください。

鍵の持ち歩き

普段持ち歩く鍵と住所が分かるものを一緒にして持ち歩くのはやめましょう。その鍵を落としてしまったら、ここの住所に来てくださいと言っているのと同じです。部屋番号のみ書いてある場合も同じです。少しでも住んでいる場所の情報が外の漏れないよう注意しましょう。マンションやアパートに引っ越した際は鍵交換がされていることも必ず確認してください。前の住人が退去した際に鍵を管理会社に返却していたとしても合鍵を誰が作っているか分かりませんからね。

不在表

郵便物の不在表は残さないようにしましょう。今家の誰もいないことがすぐに気づかれてしまいます。必ず日時指定をして不在表が届かないようにしましょう。今は、スマホで簡単に日時指定ができますし、もともとの予定と変更になった場合も、指定の変更ができる仕組みになっているところが増えています。また、日時指定ができずに不在表が入れられたしまった場合、帰宅後すぐにその紙をとりましょう。ドアに挟まれてしまうと目に付くため、宅配係の人にポストに入れてもらうようにお願いすることをおすすめします。

もし空き巣に遭ったときは?

警察

真っ先に警察に届けましょう。この時、被害が正確に把握できるように何も触れずに連絡してください。

クレジットカードやキャッシュカードの会社

不正利用を防ぐため、一時利用を停止しましょう。スマートフォンや携帯電話が盗まれた時も利用を停止する手続きをしましょう。

保険会社

窃盗保険(住宅総合保険:窃盗補償)に加入している場合は、保険会社または代理店に連絡しましょう。

日頃の整理整頓や少しの気遣いで空き巣対策はできます。被害に遭う前に対策を行いましょう。また、被害に遭った場合、パニックになってしまうことを想定し、大事なものの保管場所や連絡先は把握しておくと良いでしょう。

ライフ対策, 泥棒, 空き巣, 防犯

Posted by ナオ