お金を貯める方法は?節約方法と増やす方法は?

お金お金, 節約, 貯蓄, 貯金

子供のためや、自分の将来・夢のため、大きな買い物をする予定があるなどお金を貯めていきたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。今すぐ取り組むことが出来る簡単な節約方法から、増やす方法までを見ていきましょう。

なぜ貯金ができないのか?

お金が貯まらない方の特徴の1つに「生活にかかる費用を先に取り出し、残りを貯金しようとする考え」があります。つまり、「余ったら貯金しよう」という考え方だと、もしも給料が減給されていても大きな違和感なく生活することが出来てしまうため、余ったお金が少なくなり、結果として貯金することができないのです。

お金を貯めるコツは「まずは貯金金額を決めて、節約すること」です。例えば、“1年間で〇円貯金したい”という目標をまずは作ります。そうしたら、毎月いくら貯金するかを決めます。これを毎月の収入から引いて生活費を考えていくという逆の発想になります。

貯金額を決めてから生活するとおのずと無駄も見えてくることがあります。

お金を節約する方法

コンビニに不用意に行かない

コンビニは便利なお店であるため、買おうと思っていなかったものまで買ってしまった経験はあるあるですよね。また、スーパーよりも価格設定が高いため、コンビニ利用を減らすだけで出費は抑えられます。

うっかりを防ぐ

傘やハンカチ、ティッシュ、ペンなど家にはあるのにうっかり持っていくのを忘れてしまったら買わなくてはいけません。たかが100~500円ほどで買えると思って毎回うっかりを繰り返しているとその合計は結構なものとなってしまいます。今日の予定、天気予報をしっかり確認してからお出かけしましょう。

飲み物は持参する

お弁当を食べるときに飲み物も必要になりますね。ちょっとおしゃれなカフェなんかで飲み物をテイクアウトした場合600円ほどかかります。ですが、今はおうちでも美味しいコーヒーや飲み物を作ることは可能です。保温ポットにちょっと良いものを入れていけば節約中でも楽しくお昼が食べられます。

お財布にたくさんお金を入れない

お財布にたくさんお金を入れて持ち歩かないようにしましょう。持ち合わせがなければほしいものも買えません。今日の自分の行動を事前に考えてだいたいいくら入っていれば足りるのかを予想してその分だけをお財布に入れるようにしましょう。何かもしものことがあったときのために、銀行のキャッシュカードは忘れないようにしましょう。

毎日買い物をしない

スーパーに行ったときは何日か分をまとめて購入するようにし、毎日お金を使わない習慣を作りましょう。しかし、まとめ買いばかりを意識して食品を無駄にすることがないように、何日か分のレシピを決め、何が必要かメモを取り、必要な分を買うようにしましょう。

家計簿をつけてみる

家計簿を付けることで自分が何にお金を使っているのかが一目でわかります。使いすぎたなと感じる部分にマーカーで印をつけ、次回に活かしましょう。あまり細かく書きすぎると面倒くさくなって途中でやめてしまう危険性があるので、大まかに(食費〇円、服〇円くらいでも)書いて続けていけるようにしましょう。書くことが好きな人は品名まで書くとさらに安いものを見つけた時やそのものが安く売っている時に気が付きやすくなります。今は家計簿アプリもあるので一度挑戦してみてください。

お金を増やす方法

大きく分けて①貯蓄でお金を増やす方法、②節約でお金を増やす方法(上記)、③資産運用でお金を増やす方法があります。

貯蓄でお金を増やす方法

銀行には、「自動引き落とし」というものがあります。毎月の給料を使いこんでしまう方におすすめです。例えば、給料が振り込まれる銀行に自動積立定額預金を申し込み、給料日の翌日に一定額引き落とされるように設定しておけば、給料を使いすぎて貯蓄ができないという不安が解消されるでしょう。

各銀行で異なった貯蓄のためのプランがあるので自分が利用する銀行のホームページを確認したり、窓口で相談したりしてみてください。

資産運用でお金を増やす方法

資産運用は今あるお金を元に、資産を増やしていく方法です。資産運用ではリスクとリターンがあります。高いリターンを得ようとすればその分リスクも高くなります。資産運用といっても種類が様々です。自分に合ったものを選び、リスクの許容を考えてみてください。

節約のことばかりを考えて毎日が退屈にならないようにすることが節約を続けていくポイントです。娯楽や自分の将来のために行っていることはどのくらい必要かをきちんと見分けていく事が大切です。人から無駄と言われていても、自分には必要なことだってたくさん あります。無理のない範囲で節約をしていきましょう。

お金お金, 節約, 貯蓄, 貯金

Posted by ナオ Nao N.