朝ドラ【スカーレット】9週「火まつりの誓い」49話ネタバレ感想:絶対フラグ!

エンタメスカーレット, ドラマ, ネタバレ, 感想, 朝ドラ, 連続テレビ小説

【スカーレット】ネタバレあらすじ

八郎がフカ先生に話した絵の話をもとに、喜美子は想像で絵を描いたのですが、これはもともと八郎に渡すつもりはありませんでした。

若い社員が増えたということで、丸熊陶業では食堂で簡単な朝食を出すようになりました。そこで八郎は朝食を食べていたのですが、フカ先生がふらっと立ち寄って、八郎がフカ先生に話していた絵を、こんな感じじゃなかったかな、とさらっと書いて、八郎は感激して、それを受け取りました。

そのことを知らない喜美子は、商品企画部で、想像で描いた絵を八郎に見せたのですが、八郎が気に入ったので、八郎に渡すことになりました。この後、お茶を取りにいくのですが、八郎は喜美子からもらった絵を商品企画部に置いていくのでした。

丸熊の社長(照子の父親)が亡くなったのですが、本人の希望により、今でいう「家族葬」で済ますことになりました。照子と喜美子はしばらくしてから合うことができました。

【スカーレット】感想

喜美子の絵が商品企画部の部屋に置いていったの、絶対フラグですね!この絵で商品企画部でなにかが起こりますね!
それにしても、お金がもったいないから「家族葬」とは、時代の最先端すぎる発想ですね~。私も親から家族葬でいいからね、と散々言われています。父は既に鬼籍に入っているのですが、父の葬儀も家族葬でした。ただし、兄弟の数が多かったので、家族葬の割には費用がかかりましたが。