朝ドラ【スカーレット】8週「心ゆれる夏」48話ネタバレ感想:八郎の想いは?

エンタメスカーレット, ドラマ, ネタバレ, 感想, 朝ドラ, 連続テレビ小説

【スカーレット】ネタバレあらすじ

喜美子のことが新聞記事になりましたが、新聞記事にはフカ先生の話は一切載っていませんでした。以前、服を繕ってあげるという話をしていた八郎が絵付けの作業場に訪れ、喜美子に服を繕ってもらいますが、なぜか、八郎は怒っています。八郎が怒っていることに当惑している喜美子ですが、八郎が怒っているのは、新聞記事にフカ先生の話が載っていないことに対してでした。

一方、番頭さんは、喜美子が絵付けする火鉢の予約が殺到してることに対して、「深野心仙からミッコーの時代」と本人たちの前で言ってしまいます。フカ先生は気にしていないようですが……。

突如、絵付けの作業場を訪れ、八郎がフカ先生に対して、祖父がフカ先生の絵を大切にしていて、どんな絵だったか、それを戦後にどうしたのかを話しました。フカ先生に対して謝罪する八郎ですが、フカ先生はもちろん許します。

喜美子は、八郎が話したフカ先生の絵のからインスピレーションを受けてデザインを始めるのでした。

【スカーレット】感想

八郎がフカ先生にご挨拶に伺った時に挙動不審だった理由がわかりましたね!

来週が気になりますね~!喜美子が書いた書いたデザインも気になりますし、八郎が喜美子に対してどういう想いを抱いているのかも気になりますね!照子はやっぱり妊娠していましたね~!

朝ドラって、だいたい、月曜日は先週までのおさらい、金曜日にクライマックス、土曜日は翌週へに引っ張り、という構造ですね。