マインドフルネス(瞑想)でダイエット?やり方は?

ダイエットストレス解消, ダイエット, マインドフルネス, リラックス, 瞑想

「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことはありますか?マインドフルネスを簡単に言うと、「“今ここ”にただ集中している心のあり方」のことです。近年、スポーツや教育の場面でも注目されています。その「マインドフルネス」が「ダイエット」とどのように関係しているのか見ていきましょう。

マインドフルネスとは?

普段生活している中で意識せずとも頭の中でのおしゃべりが止まることはありません。不安、恐怖、過去からどうでも良いことまで、“無意識的”にあれこれ考えて生きています。マインドフルネスはそんな精神状態を“意識的”に改善していこうとするものであり、リラックス状態を作ります。

マインドフルネスの方法は様々ですが、一般的に“瞑想”がよく用いられます。マインドフルネス瞑想は誰でも気軽に行えるものであり、雑念や無駄な思考を取り除いた状態を見出していきます。

マインドフルネスの効果

・集中力が高まる

ストレスが解消される

・洞察力、直観力、創造力が高まる

・睡眠の質が向上する

ストレスと食欲の関係

肥満の原因として多いといわれているのは「ストレスによるやけ食いや過食」です。過食が続くと空腹、満腹、味覚を感じる力が乏しくなってしまいます。痩せるためにはストレスを解消・軽減させ、過食ややけ食いを減らしていく事が重要となります。

上記したように、マインドフルネスにはストレスを解消させる効果があります。そのため、マインドフルネスがダイエットに良いと注目されているのです。

マインドフルネス(瞑想)を用いたダイエットの方法①基本

1.まずは背筋を伸ばして、イスか床に座ります。お腹や肩の力は抜きましょう。

2.視線は1メートルほど前をぼんやり見つめるか、目を閉じます。

3.自然に呼吸し、徐々に注意を呼吸に向けていきます。

4.息を吸ったときにお腹が膨らむ感覚、吐くと緩む感覚を感じていきます。

もしも注意が逸れてしまったら、何に注意が逸れたのか、そのくらい時間が経ってからなのかを覚えておくと次に活かすことができます。少し時間をおいて、またゆっくりと呼吸に意識を戻していきましょう。

マインドフルネス(瞑想)を用いたダイエットの方法②応用

マインドフルネス瞑想に用いる食べ物は何でも大丈夫です。初めての場合、小さな固体で練習するのをおススメします。

1.食べ物を用意し、形や色、手触り、匂いなど食材をよく観察します。

2.食べ物を口に入れ、舌の上で食感を楽しみます。

3.ゆっくりと噛み、じっくりと味わいます。

普段気にすることのない食べ物の細かい感覚を感じ取りましょう。難しく考えずにその食べ物だけに集中します。食事に時間をかけることにより過食を抑えられるだけでなく、無駄なことを考える時間が無くなるため、ストレスが軽減されます。たったこれだけと思うかもしれませんが、このことでリラックス状態を作り出せるものがマインドフルネスです。

マインドフルネス(瞑想)を用いたダイエットの方法③成功のポイント

1.自分の感情と向き合う

2.初めから長時間行おうとしない

3.すぐに効果が出るものではないが、継続により効果が出る

4.食べる前に意識する

5.“なんとなく食べる”をやめる

6.本当にお腹が空いているのかを見直す

マインドフルネスを用いたダイエットは、やり方は簡単ですが、すぐに効果が出ません。しかし、時間をかけて行っていく事で、脳(考え方)や精神状態の変化を起こすことが出来るものです。少し時間をかけて取り組むことでダイエットに必死になる生活から抜け出しましょう。