障害者手帳を入手したので「マル優制度」を調べた

2018年4月28日お金制度

障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を入手したので「マル優制度」についていろいろ調べてみました。

「マル優制度」とは

マル優制度とは、預貯金や国債の利子が非課税になります。銀行の利子には通常約20%の税金がかかります。障害者等のマル優(非課税貯蓄)制度では、療育手帳や愛の手帳があると、利息にかかる税金が非課税の口座がつくれます。限度額は元金350万円までです。

さらに、マル優制度とは別枠で、マル特制度も利用できます。マル優口座は預貯金でも国債でもOKですが、マル特口座は国債限定になります。個人向け国債の利子が元金350万円まで非課税になります。

【引用元】 療育手帳と障害者マル優制度、利子が非課税に。

精神障害者保健福祉手帳を入手したので「マル優制度」についていろいろ調べてみました。で、郵便局でマル優口座開こうとしたら、郵便局の人に、利子ほぼ0%なので開く意味ないですよ、と言われました。ま、実際そうなんですけどね。

証券会社でマル優制度使おうかと思ったのですが、証券会社の口座はもっていますが、資産運用ほとんどしておらず……。

まとまったお金で資産運用できるようになってからマル優制度使うことにします(白目)。

「新マル優制度」で検索すると、いろいろ情報がでてきますけれど、多くの方には無関係な制度ですね。

参考記事

2018年4月28日お金制度

Posted by ナオ Nan N.