「国境のない生き方」を読みました【感想】

2018年1月22日レポートレビュー,口コミ,感想,書籍,書評,読書

2017年6月のヤマザキマリさん講演会で購入して、サインをしてもらったものです。

「国境のない生き方」の感想

ヤマザキマリさんの読書体験を通して、ヤマザキマリさんの半生について書かれた作品です。

ヤマザキマリさんってどんな人なんだろう?ヤマザキマリさんってどんな人生を歩んできたんだろう?ということに興味のある方には非常にお勧めです。私も、講演会に行って、サイン本を頂く程度にはヤマザキマリさんの事が好きなので、内容にとても満足です。

特に、第十一章の「つながり」の、「省エネで生きると損をする」という見出しの部分の内容に、非常に感銘を受けました。
一部抜粋します。

何かを判断しなければならない時に、自分の経験値がないから、テレビとかインターネットとかメディアの情報に頼ることになる。
(中略)
寄って立つところが薄っぺらいと、人は、簡単に巻き込まれてしまうというのが群集心理の恐ろしいところです。

【引用元】国境のない生き方

2018年1月22日レポートレビュー,口コミ,感想,書籍,書評,読書

Posted by ナオ