ゴゴスマ5/17要注意!「5月病」さらに恐ろしい「6月病」の対処法を紹介!アイスが良い?

2019年5月18日健康TV番組,うつ病,からだ,テレビ番組,適応障害

2019年5月17日放送の「ゴゴスマ」で「5月病」と「6月病」についてと、その対処方法が紹介されました。どうすれば「5月病」や「6月病」に打ち勝つことができるのでしょうか?

5月病・6月病にならないためには?

1.仕事も遊びも余裕ある計画をたてる。ただし、まじめな人はいい加減に生きること
2.自分にあったストレス解消法を見つける。ただし、心から楽しめないと逆にストレスになる
3.つらいときに退職などの重要な決断はしない。
4.2週間以上にわたって「うつ」の症状が続いたら早めに医療機関へ!

  • Q. 病院は何科に行けば良い?
  • A. 心療内科または精神科

5.6月に休みを積極的にとる。

5月病・6月病対策におすすめの食べ物は?

アイスクリーム

アイスクリームに含まれるアミノ酸であるトリプトファンが安らぎのホルモン、セロトニンの原料になり、心のくつろぎにつながります。

朝にアイスクリームを食べると、すっきり感が得られ、イライラ感を抑えることができます。1口サイズでOK。

5月病・6月病におすすめの体操は?

  1. 4秒かけて息を吸いながら大きく手を振り上げます
  2. 8秒かけて息を吐きながら手を下げて腰を縮めます。

ポイント息を吸う「2倍の時間をかけて息を吐く」ことで気持ちが安定します。

そもそも5月病とは?

入学、進学、昇進、転職など生活環境が大きく変化した人が4月からの新しい生活環境になじめず、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出し、休み明けに学校や職場へ行く気がそがれ、体調異変を引き起こす症状です。

5月病の医学用語

  • 適応障害
  • うつ病

さらに怖い「6月病」とは?

なんとか5月病を頑張って乗り越えた人も6月の梅雨のうっとうしさと祝日がない忙しさが気分の落ち込みをより一層悪化させます。

公式サイト

関連記事

アイスクリームはいかがですか?

2019年5月18日健康TV番組,うつ病,からだ,テレビ番組,適応障害

Posted by ナオ