Google AdSenseの自動広告設定を図解!よくあるトラブルの対処法も解説!

2019年5月4日GoogleWordPress,アドセンス,グーグルアドセンス,ワードプレス

Google AdSense(グーグルアドセンス)の自動広告の設定を図解します。また、特定のページに自動広告を非表示にする設定や、よくあるトラブルについても解説します。Google AdSenseの自動広告をうまく活用して、収益アップを目指しましょう!

Google AdSenseの自動広告を表示させる設定方法

Google AdSenseのホーム画面を開き、左メニューの「広告」を押下します。

広告」内の「自動広告」を押下します。右画面が「自動広告」タブになっていることを確認し、「自動広告を設定」を押下します。作成済みの場合は「ペンマーク」を押下します。

自動広告」タブになっていることを確認し、「インフィード広告」と「記事内広告」と(あれば)「関連コンテンツ」をオンにし、それ以外はオフにします。(これがおすすめの設定です。)

新しいフォーマットを自動的に取得する」にチェックを入れて、「保存」を押下します。

HTMLコードが表示されるので、htmlファイルの</head>の直前にコピー&ペーストします。

Google AdSenseの自動広告設定をしたいけれど、WordPressのテーマを使っていて、header.phpを自分でいじれない、という人は?

Insert Headers and Footersというプラグインを使用します。

WordPressのダッシュボードから「プラグイン」>「新規追加」>キーワード「Insert Headers and Footers」で検索して、インストールし、有効化します。

「設定」>「Insert Headers and Footers 」を押下します。

「Setting」の「Scripts in Header」にHTMLコードをコピー&ペーストして、「Save」を押下します。

Google AdSenseの自動広告設定をしたいけれど、 特定のページには自動広告を表示したくない、という人は?

Google AdSenseの「広告」>「自動広告」>「自動広告タブ」内の「新しいURLグループ」を押下します。既に作成済みのURLグループを編集する場合は、該当するURLグループを押下し、ペンマークを押下します。

自動広告を表示したくないページのURLを入力して、「追加」を押下します。これを該当ページ数分行います。

URLの入力が終わったら、自動広告を表示したくないページのURLのチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」を押下します。

URLグループの広告設定を全てオフにし、「新しいフォーマットを自動的に取得する」のチェックを外して、「次へ」を押下します。

URLグループ名にわかりやすい名前を入力して、内容を確認し、「保存」を押下します。

Google AdSenseの自動広告設定のその他Q&A

自動広告のHTMLコードをコピー&ペーストする前に画面を閉じてしまった

「広告」>「自動広告」>「自動広告タブ」>「自動広告を設定」を押下するとHTMLコードが表示されます。

自動広告の全般設定と詳細URL設定の優先順位は?

詳細URL設定>全般設定、です。

詳細URL設定間の優先順位は?

自動広告の表示設定と非表示設定がかぶっている場合は、表示設定の方が優先されます。

関連記事