広告表示を簡単にするWordPressプラグイン「Advanced Ads」の使い方(初心者向け)

2019年8月28日WordPressアドセンス, グーグルアドセンス, ソースコード, プログラミング, ワードプレス

Google AdSenseの審査に通った!さあ、WordPressの記事内にアドセンスの広告コードを貼るぞ!となったとき、記事一つ一つにソースコードを貼るのは面倒。何かあった時に削除する手間もあるし。その時に出番となるのがプラグイン。今回はその中でも超高機能なプラグイン「Advanced Ads」のよく使う部分だけを紹介します。

広告表示を簡単にするWordPressプラグイン「Advanced Ads」をインストール

  1. WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加で「Advanced Ads」と検索します。
  2. 「Advanced Ads」を選んでインストールし、有効化します。
  3. WordPressの管理画面に「Advanced Ads」が追加されます。
  4. WordPressの管理画面>「Advanced Ads」>「設定」をクリックします。
  5. 「一般タブ」の「広告を無効にする」内の「404エラーのページ上で広告を無効にします。」と「非特異的なページの広告を無効にする」にチェックを入れます。
  6. 「このページに設定を保存します」をクリックします。

広告コードをWordPressプラグイン「Advanced Ads」に設定

  1. WordPressの管理画面>「Advanced Ads」>「広告」をクリックします。
  2. 「新しい広告」をクリックします。
  3. タイトル欄にわかりやすいように広告のタイトルを入力します。識別用です。
  4. 「広告タイプ」は「プレーン テキストとコード」(デフォルト)を選択します。
  5. 「広告パラメーター」に広告のHTMLコードをコピー&ペーストします。
  6. 「公開」をクリックします。

広告を編集するときは、「広告」から編集したい広告をクリックして、編集します。

広告コードの表示設定をWordPressプラグイン「Advanced Ads」に設定

  1. WordPressの管理画面>「Advanced Ads」>「設置」をクリックします。
  2. 「配置の新規作成」をクリックします。
  3. 「配置の種類を選択します。」で配置を選択します。
  4. 「名前を選択」にわかりやすい名前を入力します。識別用です。
  5. 「広告またはグループを選択」で表示したい広告を選択します。
  6. 「新しい配置を保存」をクリックします。
  7. 「配置の種類を選択します。」で「コンテンツ」を選択した場合は、設置している広告一覧から、「配置」でどこに広告を配置するかを選択します。

広告配置を編集するときは、「設置」から編集したい広告をクリックして、編集します。

アドセンスの自動広告をWordPressプラグイン「Advanced Ads」に設定

  1. WordPressの管理画面>「Advanced Ads」>「設定」をクリックします。
  2. 「AdSense」タブをクリックします。
  3. 「AdSense account」に自分のアドセンス運営者ID(「pub-」で始まるもの)を入力します。
  4. 「認証コードと自動広告」にある項目にチェックを入れます。
  5. 「このページに設定を保存する」をクリックします。

広告を非表示にしたいページをWordPressプラグイン「Advanced Ads」に設定

  1. WordPressの管理画面>「Advanced Ads」>「広告」をクリックします。
  2. 特定のページで非表示にしたい広告をクリックします。
  3. 「表示条件」の「新しい条件」にあるプルダウンから、条件を選択し、「追加」をクリックします。
  4. 「一致」のプルダウンを「一致しない」に変更します。
  5. 「+」をクリックし、項目/タイトルまたはIDを入力します。
  6. 「更新」をクリックします。

おまけ:プラグインを使わずに記事中に広告を自動挿入する方法

functions.phpに以下の記述を追加します。

// 本文中に広告を表示
	function add_ads_before_h2($the_content) {
		if (is_single()) {
			$ads = '
				<div>
				<p>広告</p>
				【広告のソースコードを記述します】
				</div>
				<div style="clear:both"></div>
				';

			$h2 = '/^.+?<\/h2>$/im';//H2見出しのパターン

			if ( preg_match_all( $h2, $the_content, $h2s )) {
				if ( $h2s[0] ) {
					// 奇数番目のh2見出しの上に広告を挿入
					for ($i=0 ; $i<=6 ; $i++){
						if($i%2==0) {
							if ( $h2s[0][$i] ) {
								$the_content  = str_replace($h2s[0][$i], $ads.$h2s[0][$i], $the_content);
							}
						}
					}
				}
			}
		}
		return $the_content;
	}
	add_filter('the_content','add_ads_before_h2');

関連記事

参考記事

サーバーのバックアップ用の外付けHDDはありますか?