WordPressをローカル環境で簡単にテストできるソフトウェアを紹介!

2019年8月25日WordPressMac, Windows, ソフトウェア, ワードプレス

WordPressの新しい設定や新しいテーマや新しいプラグインを試したいけど、サーバ上でテストするのは心配……。そのようなときはローカル環境(パソコン上)でテストすればいいのです。でも、パソコン上でテストするのって難しそう……。心配無用です。簡単にテストできるソフトウェア「Local by Flywheel」があります。

WordPressをローカル環境で簡単にテストできるソフトウェア「Local by Flywheel」とは?

  • 無料
  • 初心者でも簡単スピーディにWordPressのローカル環境を構築できる
  • WordPressの環境を複数作れる
  • 共有のURLで外部からでも確認できる機能がある
  • サーバーやデータベースを指定できる
  • PHPのバージョンを指定できる
  • Windows・Macに対応

非常に簡単に設定でき、設定を細かく変更できます。

WordPressをローカル環境で簡単にテストできるソフトウェア「Local by Flywheel」の初期設定

  1. ここから「Local by Flywheel」をダウンロードします
  2. 「FREE DOWNLOAD!」をクリックします。
  3. 使用しているOSを選択します。各項目は、Work Emailの欄を入力するだけでダウンロードできます。
  4. ダウンロードが完了したら、「Local by Flywheel」のインストールを開始します。
  5. 「LET’S GO」をクリックします。すぐにセットアップが自動で開始されます。
  6. 「CREATE A NEW SITE」をクリックします。
  7. 「What’s your site’s name?」で任意のサイト名を入力します。
  8. 「Choose your environment」でサーバの環境を設定します。「Preferred」でOKです。
  9. 「Setup WordPress」でWordPressのユーザー名、パスワードを設定します。
  10. サイト一覧が表示された画面が表示されます。

以上で初期設定は完了です。サイト一覧が表示された画面で、左下の「+」マークをクリックすると何個でもWordPressサイトを追加することができます。

WordPressをローカル環境で簡単にテストできるソフトウェア「Local by Flywheel」でWordPressサイトの確認

  1. サイト一覧が表示された画面で、サイトを選択し、右上にある「ADMIN」「VIEW SITE」のボタンで構築されたWordPressの環境を確認することができます。
  2. 「ADMIN」をクリックして管理画面を開きます。先ほど作成したユーザー名とパスワードを入力しログインします。
  3. ログインすると英語版のWordPressの管理画面が表示されますので、「Settings」内の「General」で「Site Language」を日本語に設定し、日本時間の場合は「Timezone」で「UTC+9」に設定し、ページ下部の「Save Settings」をクリックします。
  4. サイト一覧が表示された画面で、「VIEW SITE」をクリックするとWordPressで構築されたサイトが表示されます。
  5. 通常のWordPressと同様にテーマを変更したり、プラグインをインストールしたりできます。

参考記事

サーバーのバックアップは外付けHDDで!

2019年8月25日WordPressMac, Windows, ソフトウェア, ワードプレス

Posted by ナオ