auの2年縛り解約違約金を1000円に!ドコモ・au・ソフトバンクのどこがお得?【2019年9月】

2019年8月29日スマートフォンdocomo, KDDI, NTT, Softbank, スマホ

2019年8月28日、KDDIは携帯電話「au」の2年契約を途中で解約する場合の違約金を1,000円に引き下げると発表しました。違約金1,000円となる新料金プランは9月13日にスタートします。10月1日から携帯電話に関する料金の規制が施行されることから、ドコモ、ソフトバンクも追随すると思われます。現時点で、大手3キャリアのドコモ、au、ソフトバンクでは、料金プランの面でどこがお得になるのでしょうか?

10月からの違約金・料金プラン・本体端末値引きに関する規制とは?

10月1日からの規制は以下の3点です。

  • 2年契約の違約金を9,500円から1,000円に値下げ。
  • 2年契約あり/なしプランの価格差を月額170円以下に規制。
  • スマホや携帯端末の割引額を上限2万円に規制。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホの料金プランってどうなっているの?

通話プランを最安にして、各種割引を適用した状態でのデータ容量の最小プランと最大プランを紹介します。

ドコモの料金プラン

データ容量料金
1GB未満1,980円
30GB3,980円

auの料金プラン

データ容量料金
1GB未満1,980円
無制限5,980円

ソフトバンクの料金プラン

データ容量料金
1GB未満1,980円
50GB3,480円

結局、ドコモ、au、ソフトバンクのどこがお得なの?

あまり4G回線を使わないひと

どこのキャリアも大差ありません。今のキャリアのままで良いでしょう

4G回線をバリバリ使う人

auが、5Gを見据えてデータ容量無制限プランを出しています。5,980円と他社の大容量プランと比べて高めですが、データ容量無制限は魅力的です。

Androidスマホのかたには大容量microSDカード!

2019年8月29日スマートフォンdocomo, KDDI, NTT, Softbank, スマホ

Posted by ナオ Nan N.