WordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」と一緒に使いたいプラグイン

2019年8月26日WordPressワードプレス

SEO対策最強、表示速度高速、高機能と3拍子揃っているWordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」ですが、ない機能もあります。ない機能はプラグインで追加しましょう。おすすめプラグインをアルファベット順に5段階によるおすすめ度つきで紹介します。

WordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」と一緒に使いたいプラグイン(アルファベット順)

Advanced Ads

アフィリエイト、特にGoogle AdSenseをするなら導入したいプラグインです。広告の表示設定を非常に細かく設定できます。
アフィリエイトをする人には不要なものなので、マイナス1です。

おすすめ度:★★★★☆

以下の記事が細かくて参考になります。

追記:競合について

LuxeritasとAdvanced Adsを同時に使用すると、WordPressのダッシュボードで競合が起こります。一応そのまま使用することは可能です。競合については以下の記事が参考になります。

All In One WP Security

WordPressのセキュリティ対策プラグインです。いろいろありますが、これが高機能でおすすめです。

おすすめ度:★★★★★

以下の記事が細かくて参考になります。

注意

「All In One WP Security」が有効になっている状態で「Jetpack by WordPress.com」の設定を進めようとすると403エラーになります。先に「Jetpack by WordPress.com」をインストールするして設定を完了させるか、「All In One WP Security」を一旦停止させましょう。

Broken Link Checker

サイト内のリンク切れをチェックしてくれます。リンク切れはSEOの面でも良くないので。

おすすめ度:★★★★★

「Broken Link Checker」の設定しておきたい項目

  • 「一般」タブの、チェック時間の間隔を設定します
  • 「一般」タブの、「新たに検出されたリンクエラーについてメール通知を受け取る」にチェックを入れます
  • 「一般」タブの、「不確実または軽微な問題を「リンクエラー」ではなく「警告」として表示」にチェックを入れます
  • 「含まれるリンクを探す」タブで、「コメント」「固定ページ」「投稿」「公開済み」にチェックを入れます
  • 「チェックするリンクの種類」タブで「リンクの種類」の「プレーンテキストの URL」以外のすべてにチェックを入れます。
  • 「プロトコル&API」タブで、「リンクのチェック手段」のすべてにチェックを入れます。
  • 「高度な設定」タブは、お好みで設定します。

Contact Form 7

Google AdSenseをやっているなら絶対に置きたい「お問い合わせ先」。メールフォームである必要性はありませんが、メールフォームがあるとお問い合わせしやすいので設置したいですね。Contact Form 7は利用者が多いのでカスタマイズ方法なども多数紹介されています。

おすすめ度:★★★★★

Contact Form 7 Controls

Contact Form 7の拡張機能です。作者は別の人。必須ではないので、マイナス1。

おすすめ度:★★★★☆

EWWW Image Optimizer

画像を圧縮してくれるプラグインです。必須。「Luxeritas(ルクセリタス)」の作者も必須と言っています。

おすすめ度:★★★★★

「EWWW Image Optimizer」の設定しておきたい項目

  • 「Basic」タブの、「Remove Metadata」にチェックを入れます。
  • 「Basic」タブの、「JPG 最適化レベル」「PNG 最適化レベル」「GIF 最適化レベル」は「Pixel Perfect」を選択します。「PDF 最適化レベル」は「無圧縮」を選択します。
  • 「ExactDN」タブ、「Advanced」タブ、「リサイズ」タブ、「Convert」タブ、「WebP」タブ、「上書きする」タブ、「Support」タブ、「Contribute」タブの設定は変えません。

「EWWW Image Optimizer」の使い方

  1. WordPressの管理画面>「メディア」>「一括最適化」をクリックします。
  2. 「再最適化を強制」にチェックを入れずに、「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。
  3. 画面が変わるので、「最適化を開始」をクリックします。

Google XML Sitemaps

Google用のサイトマップを自動で生成してくれます。必須。

おすすめ度:★★★★★

Jetpack by WordPress.com

スマホアプリのWordPressを利用するのに使います。スマホから記事投稿などをしたいなら必須。

おすすめ度:★★★★☆

「Jetpack」で有効にしておきたい設定

「設定」で、有効にしておきたい設定だけ紹介します。ほかは無効でOKです。

  • 「サイトがオフラインになった場合にアラートを受信します。復旧の予定についても通知されます。」
  • 「LaTeX マークアップ言語を使って方程式や数式を入力」
  • 「購読フォームや Twitter ストリームなどの追加ウィジェットがサイトで使用可能に」
  • 「ウィジェット表示のコントロール機能を有効化して、特定の投稿やページだけにウィジェットを表示させる」
  • 「投稿をソーシャルネットワークに自動共有」 → 「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックして設定します。
注意

「All In One WP Security」が有効になっている状態で「Jetpack by WordPress.com」の設定を進めようとすると403エラーになります。先に「Jetpack by WordPress.com」をインストールするして設定を完了させるか、「All In One WP Security」を一旦停止させましょう。

Rinker

アフィリエイトをやるなら入れておきたいプラグイン。商品を検索して、その商品を貼りつけることができます。必須ではないので、マイナス1。

おすすめ度:★★★★☆

以下の記事が細かくて参考になります。

ダウンロードは以下からできます。

WebSub/PubSubHubbub

WordPressの記事を投稿したときに検索エンジンに通知してくれます。必須。インストールして有効化したら、設定は不要です。

おすすめ度:★★★★★

WordPress Ping Optimizer

WordPressがPingを送りまくるのを防ぐプラグインです。必須。

おすすめ度:★★★★★

以下の記事が細かくて参考になります。

Pingの送信先リストはWordPressの設定と同期しています。

Pingの送信先リストは、以下の記事が随時更新されているので便利です。

WP Mail SMTP

Contact Form 7プラグインを使ってメールフォームを作成する時に、WordPressをインストールされている環境によっては自由にメール送信先を指定できない場合がありますが、このプラグインは指定したSMTPサーバを使ってメールを送信できるようにします。
それほど重要度は高くありません。

おすすめ度:★★★☆☆

以下の記事が細かくて参考になります。

WP Multibyte Patch

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。入れておくと安心です。

おすすめ度:★★★★★

WP-Optimize

WordPressの不要なごみをきれいにしてくれます。高速化・軽量化には必須。

おすすめ度:★★★★★

「WP-Optimize」で設定しておきたい項目

  • 「一般設定」の「直近n週間分のデータを保持する」にチェックを入れます。nには任意の数字を入れます。
  • 「Scheduled clean-up settings」のすべてにチェックを入れます。スケジュールタイプはデフォルト設定がいいでしょう。

他の設定は任意で!

関連記事

参考記事

サーバーのバックアップには外付けHDD!

2019年8月26日WordPressワードプレス

Posted by ナオ