朝ドラあらすじネタバレ!『スカーレット』19週109回110回

エンタメスカーレット, ドラマ, ネタバレ, 感想, 朝ドラ, 連続テレビ小説

連続テレビ小説「スカーレット」、今日も急展開でしたね!

スカーレット110回:マツが亡くなり、武志は大学卒業

サニーで客席に座ったまま眠るように息を引き取るマツ。セーターは仕上がっていました。

1983年、マツが亡くなってから3年半が経ちました。喜美子は一人で暮らしています。照子は頻繁に喜美子の様子を見に来ています。後援会の人には弟子をとるように勧められています。そんな時、八郎から電話がかかってきます。

八郎は仏壇に手を合わせにやってきました。

武志はそろそろ大学を卒業。大学を卒業後は信楽(しがらき)窯業(ようぎょう)研究所で働くことになっています。武志とその友達2人が帰ってきました。

スカーレット109回:武志は大学入学、家族で語り合う

武志は大学の寮へ行きました。武志の大学資金は八郎が毎月欠かさず送ってくれた養育費を使わせてもらいました。喜美子が八郎にお礼の電話をしようとすると、女性が出ました。それは留守番電話の声でした。

照子は本格的な家庭菜園をしています。ある日、川原家に直子夫婦と百合子がやってきて、百合子の手作りパウンドケーキでお茶会をしています。お茶の方は直子が準備しました。その後、うな重でプチ宴会。宴会のあとの夜、三姉妹と母で語り合いました。

スカーレット感想

武志が大学寮に行ったり、マツが亡くなったり、武志が大学卒業したり、目まぐるしい展開ですね!あと1か月半、目が離せません!