【Gutenberg】WordPressで吹き出しを使う方法 【プラグインなし】

WordPressCSS, グーテンベルグ, プログラミング, ワードプレス

使用しているテーマに「吹き出し」がなかった……。ネットで検索して出てくるのは、ずっと更新されていないプラグインを利用した方法か、クラシックエディターを使った方法ばかり……。

私が使用しているWordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」は「吹き出し」ブロックがあるので大丈夫なのですが、「吹き出し」ブロックがないテーマを使用していて、「吹き出し」がうらやましい……。なんて方もいるのではないでしょうか?

今回は、WordPress新エディターGutenbergに対応した、プラグインなしで「吹き出し」を使う方法を紹介します。 Gutenberg、慣れるととても便利ですよ!

ちょっとだけテーマをいじります。

WordPress新エディターGutenbergでプラグインなしで「吹き出し」を使う方法

こちらのサイトを紹介します。

ソースコードの説明は割愛します。わかる人は説明不要でしょうし、わからない人は説明してもわからないでしょうし。わかるようになった方が断然良いですが。

使い方は上記のサイトに書いてありますので、重複するのでそちらにお任せしします。私から説明することは、ソースコードを貼り付ける場所の注意点くらいですね。

WordPressテーマは子テーマがある場合は子テーマを有効にしていると思います。していなかったら、子テーマの方を有効にしてくださいね。子テーマに、テーマごとに名前は違うと思いますが、カスタマイズ用の「.css」ファイルがあるはずなので、そちらのページの最後に、ベースのCSSと、エディターにも表示を反映させる場合のCSSのソースコードをコピペしてください。

超おすすめWordPressテーマ