GitHubでリポジトリをプライベート⇔パブリックに変更する方法【図解】

プログラミングGitHub, 手順

GitHubで無料会員でもリポジトリ(あるプロジェクトファイル一式)をパブリックからプライベートに変更することができるようになりましたので、図入りで解説します。

GitHubでリポジトリをパブリック⇔プライベートに変更する手順

1.GitHubにログインし、マイページを開きます。
2.「Repositories」をクリックします。

3.公開状況を変更したいリポジトリをクリックします。画像の場合は「anon56.github.io」です。

4.「Setting」をクリックします。

5.画面の下の方にスクロールし、Danger Zoneの「Make private」or「Make public」をクリックします。画像では「Make private」になっています。

6.枠内にリポジトリ名を入力し、「I understand, make this repository private/public.」をクリックします。

以上で完了です!

参考記事