ブレサリアンとは?食事せずに呼吸だけで生きる!?

2019年7月8日健康からだ,ダイエット,不食,食事制限

ブレサリアンという言葉を聞いたことがありますか?「ブレス」、つまり呼吸だけで生きている人のことです。水も食べ物も摂らず、空気だけで人間は生きられるものでしょうか。実際、世界中では20人とも30人とも言われるブレサリアンが確認されているという事です。また、日本人にもブレサリアンはいます。

ブレサリアンは本当に何も食べないのでしょうか

呼吸だけで生きられるって、にわかには信じられない話です。例えば、ベジタリアン(肉や魚は食べない菜食主義者)や、ヴィーガン(肉魚だけでなく、卵や乳製品、ハチミツも食べない純粋菜食主義者)は水分も野菜も摂るのですから、生きていけるでしょうと納得も出来ます。呼吸だけということは、栄養などは一切摂ってないのですから、何年も生きられるとは考えられないですよね。

さて、ブレサリアンと言っても水は飲んでいるという人もいるようです。と言いますか、普通の人がいきなりブレサリアンになるのは非常に困難で、危険です。その為、段階を踏んで摂取するものを減らしていくという事でしょうか。そして究極のブレサリアンになった時には、水も食べ物も不要な状態になっていると言われます。

ブレサリアンはどんな生活を送っているの?

普通の人間がブレサリアンを目指す時には、食事制限から始めるのが一般的です。まずは生野菜だけを食べる→野菜ジュースやスムージーだけを飲む→水だけを飲む→不食。このような段階を踏むようです。人によっては食事の量を少しずつ減らし、前述のような段階を踏むこともあります。ですが、単に不食になるだけでは恐らく命を落としかねません。実際にスイスの女性がブレサリアンになって、餓死したという事実もあるようです。ブレサリアンは単に食事制限やダイエットなどではありません。

なぜブレサリアンは栄養失調にならないの?

ブレサリアンが栄養失調で餓死をしないでいられる理由には諸説あります。自らが「食べない」と決めて食べ物を摂取しないのと、貧困で「食べられない」のとでは脳が身体に与える影響が違うからという説もあります。また、プラーナ(ヒンドゥー教の教えで、生命エネルギー)を取り入れることで生きているというのは、多くのブレサリアンが唱えていることのようです。しかし科学的には解明されていないと言われています。ですが少なくとも、不食を続けているうちに体内で何かが変化しているのは確かのようです。ブレサリアンになってから、体調が良くなったという人が多いです。治らないと言われていた病気が治ったという人もいます。

ブレサリアンとして世界中で有名な、インドのプララド・ジャニ氏。11歳の頃から不食生活だとのことです。しかし彼は身長も伸びていますし、見た目はちゃんと大人です。現在は90歳近くになっているでしょうか。16年前に医療チーム監視のもと病院で隔離し、10日間にわたり24時間体制で不食の様子を観察しました。その結果、プララド・ジャニ氏は食べ物も水分も全く口にせず、排泄もしなかったとの事でした。しかし、プララド・ジャニ氏の身体には問題がなく、いたって健康というのですから驚きます。

まとめ

ブレサリアンがどのようなものか、どんな生活をしているか、知って頂けましたか?安易に不食生活を始めてしまうと危険なので、ブレサリアンを目指してみたいという方は、医師や専門家と相談してみて下さい。日本人のブレサリアン、秋山佳胤さんの「不食という生き方」など、ブレサリアンの著書も出版されています。興味のある方は参考になさってみてはいかがでしょうか。ちなみに、私は食べることが大好きですので、ブレサリアンには到底なれないと改めて感じています。

created by Rinker
¥1,210(2020/11/24 07:45:11時点 楽天市場調べ-詳細)

2019年7月8日健康からだ,ダイエット,不食,食事制限

Posted by ナオ