Contact Form 7でやっておきたい設定の仕方5つのポイント

2019年9月27日WordPressお問い合わせフォーム, コンタクトフォーム, ワードプレス

Contact Form 7、WordPressユーザーであれば多くの人がお問い合わせフォームとして設置しているのではないのでしょうか。デフォルト設定のままでも使えますが、さらに追加でやっておきたい設定を紹介します。

見やすいフォームデザインであること

以下の3つのポイントをおさえて設定しましょう。

  • フォントの大きさは十分にある?
  • 入力ボックスは十分な広さがある?
  • 余白(マージン)は十分にある?

使いやすいフォームデザインであること

誤送信を防ぐ機能(間違ってエンターキーを押しても送信されないようにする)の設定

以下のような感じで追記します。

[acceptance acceptance-895] 送信前にチェックボックスにチェックを入れてください (必須) [/acceptance]

サンキューページに遷移する設定

  1. お問い合わせ>コンタクトフォームの編集を開きます。
  2. その他の設定をクリックします。
  3. 以下の記述を追加します(Javascriptです)。
on_sent_ok: "window.location.href = 'ここにURL';"

自動返信メールの設定方法

以下の記事を参考にしてください。

安心できるフォームであること

個人情報の取り扱いについて、プライバシーポリシーページに書いてあるかと思いますが、お問い合わせフォームページにも書いてあると親切ですね。

コンタクトフォーム以外の連絡手段が記載されていること

何かの不具合でメールフォームが動かなくなったときのために、別の連絡手段を記載しておきたいですね。
メールアドレスを直書きしたいところですが、直書きするとスパムメールが大量に届く羽目になるので、以下の点を参考に記載してみてはいかがでしょうか。

  • メールアドレスの書き方を工夫
  • 捨てメアド生成アプリなどを利用して、捨てメアドを取得して、捨てメアドを記載(捨てメアドといえども、メールチェックは忘れずに)
  • TwitterなどのSNSを記載
  • Twitterと連携して使用できる匿名メッセージ受付サービスを利用

(運営側)スパムメールが届かないこと

reCAPTCHA v3を有効にして、スパムメールを減らしましょう!
設定などは以下の記事を参考にしてください。

参考記事