Google AdSenseの「ads.txt」を作成してWordPressサイトに設定する手順

WordPressAdvanced Ads, Windows, アドセンス, ウインドウズ, ワードプレス

Google AdSenseにログインすると、「ads.txt」に関する警告が出たりしていませんか?実はとても簡単に警告を消すことができます。今回はAdvanced Adsを使っていない方と使っている方の2パターンについて、対処方法を紹介します!

ついでに、なんで「adx.txt」を設定する必要があるのかも簡単に解説します!

通常の、Google AdSenseの「ads.txt」を作成してWordPressサイトに設定する手順

テキストエディタを用意する

私はMacを持っていないので、Windowsの場合を紹介します。
Windows標準搭載のメモ帳は使用しないでください(余計なものが入ってしまうためです)。
私のおすすめは「TeraPad」です。
以下からダウンロードできます。

サイト運営者IDを調べる

「Google AdSense」>「アカウント」>「アカウント情報」>「サイト運営者ID」で調べられます。
サイト運営者IDは「pub-xxxxxxxxxxxx」のような英数字です。

ads.txtを作成する

「TeraPad」を起動します。
以下の文章をコピーして、pub-xxxxxxxxxxxx」を自分のサイト運営者IDに書き換えてください。

google.com, pub-xxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「ファイル」>「文字/改行コード指定保存」をクリックします。
文字コードを「UTF-8N」、「名前を付けて保存」を選択して、「OK」をクリックします。
ファイル名は「ads.txt」と入力して、「保存」をクリックします

サーバにアップロードする

私はFTPソフトを使ってアップロードしています。
各ドメインのルートディレクトリに「ads.txt」をアップロードします。

「Advanced Ads」を使用している場合の 「ads.txt」 の設定方法

WordPresの管理画面>「Advanced Ads」>「設定」をクリックします。
「AdSense」タブの「AdSense account」の項目に「pub-」で始まるサイト運営者IDを入力し、設定を保存します
「一般」タブの「ads.txt」の項目で「有効化済み」を選択し、設定を保存します。

なぜGoogle AdSenseの「ads.txt」を設定する必要があるのか、の理由

この記事を作成している時点では「推奨」の位置づけですが、これを設定しないと収益に影響がでる可能性が今後出てきます。必須になるかもしません。

ads.txtの内容は、Google AdSenseを利用しているブログが、「Googleのサービスを使って広告を表示しているよ」というのを明言するものです。

例えば、AさんがBさんのブログに広告を出したいけど、ads.txtがないと、Bさんはどんな広告サービスをつかっているかわかりません。しかし、adx.txtがあると、BさんはGoogleのサービスを使って広告を表示していることがわかるので、Aさんは、「じゃあ、Googleに広告の依頼をすればいいんだ!」ということがわかります。

参考記事