決闘罪とは?書類送検される事案発生!罪にとわれる行為とその刑は?

ライフニュース, 事件, 決闘, 決闘罪

2019年10月30日に「決闘罪」という非常に珍しい犯罪が起きました。Twitter上では非常に盛り上がっています。「決闘」や「決闘罪」についてまとめました。「決闘罪」の適応範囲は非常に広いので、皆さんも関わらないようにしましょう!

決闘罪で書類送検される事案が発生

ざっくり解説

・東京都内の16歳の少年2人が傷害などの疑いで書類送検された
・SNSで「タイマンしよう」と持ちかけ、河川敷で決闘をしたとされる
・互いにルールを決めて決闘をしたが、通行人が通報したようだ

決闘罪というレアな罪に盛り上がるTwitter民

そもそも決闘罪とは

決闘罪」はそもそも刑法に規定された罪ではなく,明治22年(1889年}に制定された「決闘罪ニ関スル件」という法律に規定されてされたものです。「決闘罪」における「決闘」とは「当事者間の合意により相互に身体または生命を害すべき暴行をもって争闘争する行為」を意味するとされています。2人以上の人物が事前に日時や場所や条件を合意して初めて「決闘」ということができます。

スポーツに関しては刑法第35条において、「正当な業務による行為は、罰しない」ので該当しません。

決闘罪、今回のようなケースで未成年でなかった場合の法定刑は?

決闘を挑んだ・受けた時点

決闘を挑む・受ける方法はなんでもよいです。法定刑は6か月以上2年以下の懲役です。

実際に決闘をした時点

法定刑は2年以上5年以下の懲役です。

決闘で相手にけがをさせた時点

刑法に規定されているより重い罪により処罰されることとなります。相手を怪我させてしまった場合には傷害罪が成立する可能性があり,法定刑は15年以下の懲役又は50万円以上の罰金となります。

決闘の立会人になった時点

法定刑は1カ月以上1年以下の懲役です。決闘罪は決闘に関わったというだけで成立します。

もし決闘罪で逮捕されてしまったら?

事案が軽微なものであったり,初犯で,本人が反省をしていたりといった場合に,警察官が悪質で重大な事件ではないと判断すれば、微罪処分として扱われて、その後の刑事手続きを受けずに,数日の拘束で直ぐに釈放してもらえる可能性があります。

決闘にはかかわらないように!

今回のニュースで「決闘罪」という犯罪と、その適応範囲の広さについて知ることができました。皆さんも「決闘」にはかかわらないよう、注意して生活しましょう!そして、見かけたらためらわずに通報しましょう!