【図解】無料でパーティションを変更できるWindowsソフトウェアを体験!

2019年9月11日WindowsPR, ウィンドウズ, レビュー

【▼ダウンロードはこちらから▼】
「MiniTool Partition Wizard 無料版」公式ページはこちら!

Cドライブが容量いっぱいになってWindowsの動作が遅くなっていませんか?そのうえ、Dドライブは容量ががら空きだったり。

そういう時は「パーティションを変更」することでCドライブの容量を大きくしましょう!そうすることでWindowsがサクサク動くようになり、驚くほどストレスフリーになりますよ。

PCが苦手な方でも大丈夫。今回はその手順を図解でひとつひとつ解説していきます!

ただし、設定の変更は自己責任でお願いしますね。可能であればパソコンの全バックアップを取ってから作業した方が良いです。

パーティションを変更すると、どういう風に良いの?

本来なら、Cドライブはシステム起動用、Dドライブはデータ保存用と使い分けると、Cドライブにリカバリーが必要な状態になっても、Dドライブは生き残るので、分けて使用したほうがいいです。

しかし、Cドライブにソフトウェアをたくさん入れすぎて、Windowsの起動が遅くなったら、Dドライブを縮小して、Cドライブを拡張することによって、Windowsの動作を早くすることができます!

完全に結合してしまって、Cドライブのみにすることは、私はおすすめしません。あくまでも、Cドライブの不足分をDドライブから持ってくる、という使い方をすることをおすすめします。

MiniTool Partition Wizard 無料版では何ができるの?

注目したい機能

パーティションがCドライブしかない状態であれば、「パーティションの作成」はぜひやっておきたいですね。また、CドライブとDドライブにパーティションが分かれていて、Cドライブの容量がカツカツなら、「パーティションサイズの変更」もやっておきたい機能です。

主な機能一覧

  • ディスクベンチマーク
  • ディスク使用状況分析
  • パーティションの移動/サイズ変更
  • パーティションの拡張
  • パーティションの結合
  • パーティションの分割
  • パーティションの作成
  • パーティションの削除
  • パーティションのフォーマット
  • パーティションのコピー
  • パーティションの抹消

MiniTool Partition Wizard 無料版を使ってみた感想

パーティションのサイズの縮小や拡張が簡単に操作することができました。

特に大容量の内臓ハードディスクのパソコンでしたら、パーティションを自分好みに分割したりサイズ変更したりして、システムデータとその他のデータを分けて保存することができます。安全面の観点からもぜひ導入してみてもらいたいですね。

MiniTool Partition Wizard 無料版のインストール方法

以下からダウンロードします。

【▼ダウンロードはこちらから▼】
「MiniTool Partition Wizard 無料版」公式ページはこちら!

ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックします。

インストール言語は日本語になっていると思うので、そのまま「OK」をクリックします。

同意する」を選択して、「次へ」をクリックします。

次へ」をクリックします。

次へ」をクリックします。

任意の項目のチェックを外して(外さなくても問題ありません)、「次へ」をクリックします。

必要なければチェックを外して、「次へ」をクリックします。

インストール」をクリックします。

すぐに起動するのであればチェックを外さずに(すぐに起動しないのであればチェックを外して)、「完了」をクリックします。

MiniTool Partition Wizard 無料版で実際にパーティション変更をしてみました

私の場合は、Cドライブの容量がたくさんあり、Dドライブの容量が少なかったので、Dドライブの容量を増やしてみました。

起動して、「ディスク&パーティションの管理」をクリックします。

Cドライブの上で右クリック>「移動/サイズ変更」をクリックします。

パーテイションサイズを変更して、「OK」をクリックします。

Dドライブの上で右クリック>「拡張」をクリックします。

未割り当ての領域すべてをDドライブとして拡張して、「OK」をクリックします。

「一般」>「変更を適用」をクリックします。

再起動する必要があるので、MiniTool Partition Wizard以外のすべての起動しているものを終了して、「再起動」をクリックします。

再起動中にパーテイション変更の画面が表示されますので、再起動に時間がかかりますので、しばらく待ちます。

正常にWindowsが起動されます。

フォルダのエクスプローラーで、「PC」をクリックし、「デバイスとドライブ」でパーティションサイズが変更されているのを確認します。

Dドライブが50GBしかなかったのが、400GB近くになりました!(本体ハードディスク 全体の容量は1TBです。)

MiniTool Partition Wizard 有料版はなにができるの?

バージョンによって違いますが、「プロ・アルティメット版」では、データの復元ができます!

うっかりデータをパソコン上で削除してしまっても、これがあれば復元できるので、安心ですね。(削除したファイルのデータ領域に、別のファイルなどが上書きされていない場合に限ります。)

詳しくは以下の公式の比較ページをご覧ください。

さいごに

「MiniTool Partition Wizard 無料版」では、簡単にパーティションの作成・変更ができます。もう一度の確認になりますが、パーティションがなければ、パーティションを作って、データを保護することができます。

Cドライブの容量が足りなく、Dドライブの容量が余っていれば、Cドライブの容量を増やすことによって、Windowsの動作がストレスフリーになります。私のように、Cドライブが余っていて、Dドライブが足りなければ、Dドライブの容量を増やして、データ保存領域を増やすことができます。

パソコンのパーティションで困っていることがあれば、ぜひ「MiniTool Partition Wizard 無料版」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

【▼ダウンロードはこちらから▼】
「MiniTool Partition Wizard 無料版」公式ページはこちら!

2019年9月11日WindowsPR, ウィンドウズ, レビュー

Posted by ナオ Nan N.