飛行機が遅延や欠航した場合の対応はどうしたらいいの?どうしてもその日に行かないといけない場合は?

2019年8月15日レジャー台風, 天災, 旅行, 移動, 飛行機

悪天候や機体のトラブルなどで、飛行機が遅延や欠航することがあります。 飛行機が遅延や欠航した場合はどのような対応をしたらよいのでしょうか。

飛行機が遅延や欠航した場合にまずやること

飛行機が遅延や欠航した場合、まずは「天候不良などの不可抗力」か「機材の故障などによる会社都合」のどちらが原因なのかを確認しましょう。天候不良の場合は航空会社からの補償がない場合があるので、振替または払い戻しを行いましょう。機材の故障などによる会社都合の遅延や欠航の場合は航空券の購入にかかった代金を航空会社が負担してくれる場合があります。

搭乗予定の便の遅延や欠航が決まった場合、まずは空港スタッフや場内アナウンスで状況確認を行いましょう。

飛行機が遅延や欠航した場合に次にとるべき行動は?

天候が原因の場合

飛行機でのその日のうちの移動はあきらめたほうがいいです。 特に混雑期だと、当日の便への振り替えは望み薄です。台風などでの多数便欠航だと、振り替えは数日後、という場合もよくあるようです。

会社都合の場合

JALやANAのような大手航空会社であれば、自社便・他社便問わず振り替えてくれる場合があります。LCCの場合は自社便(当日とは限らない)に振り替えてくれる場合があります。

台風などで飛行機の遅延や欠航が予想される場合は?

JALやANAのような大手航空会社であれば、2日前くらいから変更を受け付けてくれることもあるので、予定を早めるという手があります。

飛行機が遅延や欠航したけど、どうしてもその日のうちにいかなければならない場合

自分で鉄道やバスなど他の手段を用意するしかありません。

関連記事

旅行の準備はできていますか?

2019年8月15日レジャー台風, 天災, 旅行, 移動, 飛行機

Posted by ナオ