松澤くれは先生の小説家デビュー作「りさ子のガチ恋♡俳優沼」リリースパーティーに行ってきました。

2018年4月22日レポートコジンシュギ, パーティー, 松澤くれは

※写真やお話は、撮影順や当日の時系列とは違います。

脚本家(劇作家)&演出家の松澤くれは先生(@suama_sweetnam)が話題作を自らノベライズして小説家デビューするとのことで、いてもたってもいられず、ぼっちだけど北海道からはるばる東京のパーティー会場へやってきました!LCCと安宿で頑張りました!

くれは先生に全力待機されているので、文才ないけど頑張ります!

続きからどうぞ~。

松澤くれは先生の小説家デビュー作「りさ子のガチ恋♡俳優沼」リリースパーティーのレポート

パーティーということでパーティードレスを着ていきたかったのですが、調達できず、取り敢えずアクセサリー盛り盛りで行きました!パーティードレスでなくて正解でした(理由は後述)。

成田空港のTSUTAYAで取り置きしてもらった「りさ子のガチ恋♡俳優沼」をゲット!

予約受付終了するする前に、「りさ子のガチ恋♡俳優沼」を空港の本屋さんで予約すれば良かったと軽く後悔しましたが、希望の冊数を入手できたので一安心でした。

ちなみに行きの新千歳空港で小説すばる2018年5月を買って書評を読みました。残り1冊だったので、ギリギリセーフ!

お店(パーティー会場)では、私は入り口すぐそばのカウンター席に着席。

なにやら怪しげ(?)なものが…。

後で聞いた話だと、シャンパンタワー用のグラスだそうです。普通のシャンパングラスは縦長ですが、このシャンパンタワー用グラスは、グラスの台(?)の部分にちゃんと溝があります。プラスチック製です。

店内のBGMはくれは先生お気に入りの曲で構成です。

お店の奥にはこんな書籍販売スペースが!山積みの本(30冊)とりさ子のガチ恋♡俳優沼の小説の装丁のポスターと劇中劇「政権☆伝説」のポスターがあります。

アップで撮影。

「りさ子のガチ恋♡俳優沼」小説リリース記念サイトはこちら

集英社の本気の悪ふざけ(褒め言葉)の「政権☆伝説」のサイトはこちら

よく作りこまれているので、いろいろ見てみてください☆
イラストは加々見絵里(@kagami_eri_)先生です。

政権☆伝説でのくれは先生のCVのイメージは

  • 伊藤博文→子安武人さん
  • 西園寺公望→三木眞一郎さん
  • 山縣有朋→小野大輔さん
  • 桂太郎→保志総一朗さん

だそうです(間違っているかも)。

私の推しは山縣有朋です!

会場では税込750円で販売していました。本屋さんで買うよりちょっと安いですね。

お花!パーティーでわいわいと騒いでいたらしていたら舞台版「りさ子のガチ恋♡俳優沼」主演の新垣里沙さんからお花が届きました!

伝票代わりのトランプ!くれは先生のアイディアだそうで、ちゃんと(?)サンリオさんのものです。(くれは先生はサンリオさん推しです。)

今日のオリジナルカクテルメニュー。

私はお酒が飲めないので、頼んだ人のを撮影させてもらいました。

1.RISAKO.

沼感が凄いです。混ぜるとこんな感じです。

沼感がアップしました。

Butterfly Pea(バタフライピー)というハーブのお酒を使っているそうです。

お酒ではないハーブティーはこちら→https://amzn.to/2HOLWVz

2.抱きしめてくれる太陽
これは画像はないですが、これを頼むとくれは先生からの劇中の翔太くんの某セリフがつきます(笑)。
綺麗な緑色でした。

3.匂わせるるちゃん♡

炎上してます!(物理)
この後、摺り鉦の上に載っているのをすりつぶしてドリンクに入れて飲むようです。
本日のおすすめ食事の煮込みハンバーグ!大変美味しくいただきました。
本日初めて作ったそうです。びっくり。

煮込みハンバーグとポップコーンは同じ鍋で作るので、ポップコーンは最初はメニューにあったのですが、途中からメニューから消えました(笑)。
シャンパンタワー!くれは先生自らやっています!動画は2回目のものです。くれは先生は映さないのがお約束事項です。

1回目のシャンパンタワーの様子はこちら。集英社の担当編集者さんが撮影していました。

私は18:30〜22:30までという長時間居座っていた(!)のですが(混んできたので22:30頃に退店しました)、その間に3回シャンパンタワーやりました。徐々に上達するくれは先生。私は3回ともアリーナ最前(笑)。

お酒はほぼ飲めない私ですが、シャンパンタワー用のスパークリングワインを入れてくれた方のお酒やドンペリを入れてくれた方のお酒やその他のスパークリングワイン等を入れてくれた方(全自動おじさんと呼ばれていました笑)の、振る舞い酒は少量いただきました。

開店から閉店までにドンペリなどのスパークリングワインは13本入ったそうです。

「宮永賢護」役の宮原奨伍さん(@shogomiya0718)も少しだけパーティーに顔出ししてくれました!

舞台版「りさ子のガチ恋♡俳優沼」の感想ブログ記事で有名な「かのこ」さん(@kanoko0218) がお隣に座ってました…!

伝説のブログ記事はこちら

文才あるってくれは先生が大絶賛!
舞台「りさ子のガチ恋♡俳優沼」の当日券がたくさん出たのは彼女のブログ記事のおかげとも言っていました。
くれは先生、今回の小説版の感想にも期待大だそうです。部数売り上げ増的な意味で。
その文才、私にも少し分けて~(笑)。
かのこさんのお友達が、実際にあった怖い話で「プレゼントボックスから手紙を抜いている人がいた」というのがありました……。恐怖!くれは先生、次回作のネタですね!
そして、その後、小説版「りさ子のガチ恋♡俳優沼」の表紙イラストを担当された「まじょっこ」さん(@majoccom)がお隣に座られました……!
気さくに話しかけてくれてとても嬉しかったです!
まじょっこさんが他に手掛けている作品も紹介してもらいました。こちらです↓

まじょっこさん、「コジンシュギ(@kojinnsyugi)」(今回のパーティー会場)で個展開けたらいいな~、とおっしゃっていたので、もしかしたら個展が開かれるかも!?

「売れても1銭も私に入ってこないけどね(笑)」、と言っていました(笑)。でも、手掛けた作品が売れるのは嬉しいはずです!
その後、お隣になった、今年社会人になったらしい女の子、再演の方の「殺人鬼フジコの衝動」の時に近くに座っていたらしくて、「どこかで見たことのあるお顔だなと思って」と言われて驚きました、そして嬉しかったです。その子は、観劇の時に近くに座っていた人の顔を覚えているそうです。その能力、きっと役に立ちます!
シャンパンタワーの時、私の座っていた場所が一番近くて、少し跳ねてきていたのですが、くれは先生が「服大丈夫ですか」とお心遣いいただいて、私が「汚れいても良い服なので大丈夫です」と言ったら、「この世に汚れても良い服なんてない!」という名言(迷言?)を頂きました(笑)。
なんでも、リリースパーティーの前に、「nozomi ishiguro」さんの服を買ったそうです。4万円だそうです。

最推しのアトリエに出入りしていて、いつデザイナーのお仕事を引退してもおかしくない人だから、推しに課金しなくちゃ!と言っていました。
私が北海道から来たんですよ~、って話をしたら、くれは先生、北海道好きらしくて、釧路や倶知安(くっちゃん)に行ったり、札幌の真駒内にある滝野霊園のモアイ像を見に行ったりした、と言っていました(笑)。

ジビエの話もしました。
くれは先生、家に常に1kgのジビエの鹿肉があるそうです(!)。
「コジンシュギ」に業者直送でジビエ肉を送るのはOKだそうです。
スパークリングワイン全自動お兄さんにはなれないので、ジビエお姉さんになろうかしら。

「りさ子のガチ恋♡俳優沼」の小説にサインして頂きました!
緑のペンだったのですが、りさ子カラーなのか、ケロケロけろっぴカラーなのか(笑)。
くれは先生とのツーショットチェキを撮ってもらい、サインも入れてもらいました!チェキのサインには「デビュー!」の文字が!
チェキのポーズは翔太&りさ子風にしました(笑)。表情は私はうつろじゃないけどね。
夜遅い時間になればなるほど、人が増えてきました!ので、上述の通り、22:30頃に退店しました。

最後に。
くれは先生、「りさ子のガチ恋♡俳優沼」を書くにあたって、本当にTwitterの裏垢を作って観察したそうです。だから作品の裏垢事情がすごくリアルなんですね。
小説版も、伏線をいっぱい張ってあるので、結末から読まずに、最初から読んでね!とのことです。

くれは先生と集英社の担当編集者さんとまじょっこさんがお話しているのが聞こえてきたのですが、発売日から3日間が勝負で、シャトナーさん(@Nshatner)やはるかぜちゃん(@harukazechan)も予約購入しているそうなので、この方たちの感想にも売り上げ増を期待しているらしいです。早く読んで~!

ちなみに、Amazonさんから入荷が遅れそうという連絡が入ったのは、Amazonさんへの予約が例えば100冊あったとして、Amazonさんがあらかじめ確保していた冊数(例えば30冊)を超えると全員にそういう連絡が行くそうです。その後、集英社に連絡したら、追加で例えば70冊確保できたので、発売日当日はお急ぎ便で発売日の夜には配達可能になったとか、そういう話だそうです。

気になった方は是非購入して読んでみましょう!
DVD版もお勧めですが、小説版は税込み756円とお求めやすい価格です。
私はまだ半分しか読めていないので、早く読了したいです!読了したら感想をTwitterとこのブログに書きます、多分。文才ないけど(笑)。